放送大学面接授業|( 滋賀学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターごとの面接授業のご案内 > 滋賀学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2388537 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

専門科目:社会と産業 | 経済の発展と生活様式の変化

科目区分

/



2014年07月05日(土)第1時限 09:45〜11:10
専門科目:社会と産業 2014年07月05日(土)第2時限 11:20〜12:45
科目コード 2014年07月05日(土)第3時限 13:35〜15:00
2388537 2014年07月05日(土)第4時限 15:10〜16:35
開設学習センター 2014年07月06日(日)第1時限 09:45〜11:10
滋賀学習センター ( 25A ) 2014年07月06日(日)第2時限 11:20〜12:45
科目名 2014年07月06日(日)第3時限 13:35〜15:00
経済の発展と生活様式の変化 2014年07月06日(日)第4時限 15:10〜16:35
担当講師 授業概要
成瀬 龍夫
(放送大学滋賀学習センター・所長)

【授業内容】
 第二次世界大戦以前の日本人の生活様式は「アジア的生活様式」、生活水準は「アジア的貧困」などといわれていました。しかし、戦後の経済発展と消費革命によって国民生活は変貌し、「アメリカ的生活様式」といわれる新しい生活様式が普及しました。この講義では、日本人の生活の変貌ぶりを歴史的に振り返り、アメリカ的生活様式の特徴、豊かな社会における貧困、生活様式の転換の方向と課題を考えます。

【授業テーマ】

  • 第1回 生活様式とは−経済学的定義−
  • 第2回 生活手段の商品化と生活の質
  • 第3回 アメリカ的生活様式の成立と国際的展開
  • 第4回 日本の戦後経済発展と生活様式の変化
  • 第5回 社会的共同消費の発達と福祉国家的生活様式
  • 第6回 現代生活様式に対する批判的諸説
  • 第7回 大量生産・大量消費・大量廃棄体制の転換
  • 第8回 ユビキタス社会の到来と生活様式の未来

【学生へのメッセージ】
 いわゆる「ライフスタイル」を取り上げる学問分野は社会学、経営学のマーケティング論、住居学、保健学など多岐にわたっていますが、この授業では経済学の理論的な方法と視点で分析と解明に取り組みます。経済学の基礎知識があればそれにこしたことはありませんが、なくても理解できるように説明するつもりです。

【受講者が当日用意するもの】

成績評価の方法
その他
出席状況(全講義出席を前提)、学習状況、レポート等の提出により行います。
クラス 教科書
K
授業当日にプリントを配付します。
定員 参考書
30名 ・生活様式の経済理論−現代資本主義の生産・労働・生活過程分析−(成瀬龍夫 著/御茶ノ水書房/ï¿¥2,940/ISBN=4275007832)
丸善瀬田売店での取り扱いはありませんが、図書館にて閲覧が可能です。
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「 専門科目:社会と経済 」に該当します。

ページの先頭へ