放送大学面接授業|( 香川学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターごとの面接授業のご案内 > 香川学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2404460 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

専門科目:生活と福祉 | 在宅医療の全て

科目区分

/



2014年12月14日(日)第1時限 10:00〜11:25
専門科目:生活と福祉 2014年12月14日(日)第2時限 11:35〜13:00
科目コード 2014年12月14日(日)第3時限 14:00〜15:25
2404460 2014年12月14日(日)第4時限 15:35〜17:00
開設学習センター 2015年01月11日(日)第1時限 10:00〜11:25
香川学習センター ( 37A ) 2015年01月11日(日)第2時限 11:35〜13:00
科目名 2015年01月11日(日)第3時限 14:00〜15:25
在宅医療の全て 2015年01月11日(日)第4時限 15:35〜17:00
担当講師 授業概要
大原 昌樹
(綾川町国民健康保険陶病院院長)
三宅 敬二郎
(在宅診療敬二郎クリニック院長)
木村 年秀
(三豊総合病院歯科保健センター長)
大橋 英司
(大橋内科胃腸科院長)

【授業内容】
「できるだけ住み慣れた家で最期まで暮らしたい」という希望は、高齢者、障害者、がん末期患者など共通なものです。病院医療の限界もあり、多様な場での医療が求められています。それをいろいろな専門職と連携して実現するのが在宅医療です。この授業では、訪問歯科診療を含めて在宅医療を幅広く講義することを通じて、その利点や課題を明らかにするとともに、今後のあるべき姿を考えていきたいと思います。 

【授業テーマ】

  • 第1回 在宅医療総論(大橋Dr)
  • 第2回 在宅歯科診療と口腔ケア(木村Dr)
  • 第3回 在宅緩和ケア(三宅Dr)
  • 第4回 神経難病の在宅医療(大原Dr)
  • 第5回 臨床課題1(認知症、廃用症候群など)(大原Dr)
  • 第6回 臨床課題2(肺炎、褥瘡、栄養、排泄など)(大原Dr)
  • 第7回 治療技術(経管栄養、在宅医療機器など)(大原Dr)
  • 第8回 チーム医療、医療と介護の連携(大原Dr)

【学生へのメッセージ】

【受講者が当日用意するもの】

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
K
授業当日にプリントを配付します。
定員 参考書
50名
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「 専門科目:生活と福祉 」に該当します。面接授業「在宅医療の全て」の単位を修得済みの方は登録できません。

ページの先頭へ