放送大学面接授業|( 香川学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターごとの面接授業のご案内 > 香川学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2404508 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

専門科目:人間と文化 | 讃岐平野の景観美と水

科目区分

/



2014年10月18日(土)第1時限 10:00〜11:25
専門科目:人間と文化 2014年10月18日(土)第2時限 11:35〜13:00
科目コード 2014年10月18日(土)第3時限 14:00〜15:25
2404508 2014年10月25日(土)第1時限 10:00〜11:25
開設学習センター 2014年10月25日(土)第2時限 11:35〜13:00
香川学習センター ( 37A ) 2014年10月25日(土)第3時限 14:00〜15:25
科目名 2014年11月01日(土)第1時限 10:00〜11:25
讃岐平野の景観美と水 2014年11月01日(土)第2時限 11:35〜13:00
担当講師 授業概要
新見 治
(香川大学・教授)

【授業内容】
瀬戸内の美しさは、自然と人間の織りなす人工の美しさにあるといわれますが、この土地で生活する者にとって、見慣れた讃岐平野の景観的価値に気づくことは容易ではありません。来訪者の方が、円錐や卓状の山々、広々とした緑の水田、無数の溜池がつくる讃岐平野の景観・風景の特異さ、美しさに魅せられることになります。この授業では、「讃岐平野の景観の美しさとこれを育む水の姿」について、文献研究と野外観察を通して生活者と来訪者の複眼で、自ら探究したいと思います。

【授業テーマ】

  • 第1回 讃岐平野の景観を見直す(1) −文献研究から
  • 第2回 讃岐平野の景観を見直す(2) −文献研究から
  • 第3回 巡検(野外観察)の方法と準備
  • 第4回 巡検の実施(1) −水をテーマとする野外観察
  • 第5回 巡検の実施(2) −水をテーマとする野外観察
  • 第6回 巡検の実施(3) −水をテーマとする野外観察
  • 第7回 巡検(野外観察)を振り返る−巡検レポートの作成
  • 第8回 讃岐平野の景観を自ら(水から)読む

【学生へのメッセージ】
本授業は、講義(事前3回)、巡検(野外観察3回)、講義(事後2回)から構成されます。

【受講者が当日用意するもの】

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
K
授業当日にプリントを配付します。
定員 参考書
30名
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「 専門科目:人間の探究 」に該当します。「学生教育研究災害傷害保険」加入者を対象としていますので、未加入の方は必ず前日までに最寄りの学習センターにて加入してください。(面接授業開設科目一覧P.20参照)
第4〜6回の授業では、巡検(野外観察)を実施します。琴電高松築港駅に9時45分に集合し、10時発の琴平行に乗車予定です。何度か途中下車し、河川、溜池、出水、香川用水など、水のネットワークを歩いて観察します(交通費は自己負担)。解散は琴平15時30分です。巡検実施後は、巡検レポートを作成します。

ページの先頭へ