放送大学面接授業|( 宮城学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターごとの面接授業のご案内 > 宮城学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2393964 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

専門科目:人間と文化 | ギリシャ哲学

科目区分

/



2014年11月01日(土)第1時限 10:00〜11:25
専門科目:人間と文化 2014年11月01日(土)第2時限 11:35〜13:00
科目コード 2014年11月01日(土)第3時限 14:00〜15:25
2393964 2014年11月01日(土)第4時限 15:35〜17:00
開設学習センター 2014年11月02日(日)第1時限 10:00〜11:25
宮城学習センター ( 04A ) 2014年11月02日(日)第2時限 11:35〜13:00
科目名 2014年11月02日(日)第3時限 14:00〜15:25
ギリシャ哲学 2014年11月02日(日)第4時限 15:35〜17:00
担当講師 授業概要
篠澤 和久
(東北大学大学院情報科学研究科・准教授)

【授業内容】
 講義では、自然哲学の誕生からソクラテスとプラトンを経てアリストテレスにいたる哲学を題材とします。ギリシャ哲学の思想的展開には、私たち自身の「ものの見方」や「考え方」「生き方」を捉え直すためのヒントがあります。ギリシャ哲学の問題群を現代的な視点から読み解きながら、「論理」「心理」「倫理」そして「科学」の基本とはどのようなものか、また、これらの基本概念はどのように連関しているのかを考えていきます。

【授業テーマ】

  • 第1回 導入−−ギリシャ哲学史の概観と基本問題
  • 第2回 初期ギリシャ哲学の誕生と展開−−自然と人間
  • 第3回 論理的思考と科学的思考−−ロゴスの諸相
  • 第4回 哲学の原点としてのソクラテスの思想−−知と不知
  • 第5回 プラトンによる哲学の展開−−イデア論の構想
  • 第6回 科学と政治−−プラトン『国家』の−断面
  • 第7回 アリストテレスによる哲学の再編成−−「倫理学」成立の観点から
  • 第8回 まとめと展望−−論理・心理・倫理の統合的視点に向けて

【学生へのメッセージ】
 予備知識は必要ありません。ギリシャ哲学の基本問題を手がかりにして、哲学的思考への入門も兼ねた講義です。教科書は使用せず、資料を配付します。参考書は講義で適宜紹介します。

【受講者が当日用意するもの】
ノート、筆記用具

成績評価の方法
成績評価は出席状況及び学習状況等を総合的に判断して行います。
クラス 教科書
K
授業当日にプリントを配付します。
定員 参考書
50名
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「 専門科目:人間の探究 」に該当します。

ページの先頭へ