放送大学面接授業|( 東京文京学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターごとの面接授業のご案内 > 東京文京学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2397285 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

共通科目:人文系 | 日本列島地名と風土

科目区分

/



2014年11月04日(火)第1時限 10:00〜11:25
共通科目:人文系 2014年11月04日(火)第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2014年11月04日(火)第3時限 14:10〜15:35
2397285 2014年11月04日(火)第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2014年11月11日(火)第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター ( 13B ) 2014年11月11日(火)第2時限 11:40〜13:05
科目名 2014年11月11日(火)第3時限 14:10〜15:35
日本列島地名と風土 2014年11月11日(火)第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
谷川 彰英
(東京成徳大学特任教授)

【授業内容】
 地名は人と大地との交渉の軌跡です。地名の意味を解き明かすことによって、私たちは古人の思いとメッセージに触れることができます。東京はじめ全国の特徴ある地名を取り上げてその意味を探り、日本及び日本人のアイデンティティを探ります。

【授業テーマ】

  • 第1回 地名とは何か
  • 第2回 東京の地名
  • 第3回 茗荷谷の地名を歩く(フィールドワーク)
  • 第4回 故郷の地名
  • 第5回 日本列島 おもしろ地名
  • 第6回 日本の難読地名
  • 第7回 日本の地名伝説
  • 第8回 御茶ノ水の地名を歩く(フィールドワーク)

【学生へのメッセージ】
地名の持つ文化的価値に気づいてほしい。実際にフィールドワークを行うので期待してほしい。

【受講者が当日用意するもの】
フィールドワークを行うので、履きなれた靴を用意することが望ましい。

成績評価の方法
成績評価は出席状況及び学習状況等を総合的に判断して行います。
クラス 教科書
K
授業当日にプリントを配付します。
定員 参考書
78名 ・地名に隠された「東京津波」(谷川彰英/講談社(プラスアルファ新書)/¥905/ISBN=9784062727457)
・「地名」は語る(谷川彰英/祥伝社(黄金文庫)/ISBN=9784396314521)
その他(特記事項)
「学生教育研究災害傷害保険」加入者を対象としていますので、未加入の方は必ず前日までに最寄りの学習センターにて加入してください。

ページの先頭へ