放送大学面接授業|( 東京文京学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターごとの面接授業のご案内 > 東京文京学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2398117 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

専門科目:心理と教育 | 生涯学習と社会参加

科目区分

/



2014年12月27日(土)第1時限 10:00〜11:25
専門科目:心理と教育 2014年12月27日(土)第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2014年12月27日(土)第3時限 14:10〜15:35
2398117 2014年12月27日(土)第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2014年12月28日(日)第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター ( 13B ) 2014年12月28日(日)第2時限 11:40〜13:05
科目名 2014年12月28日(日)第3時限 14:10〜15:35
生涯学習と社会参加 2014年12月28日(日)第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
堀本 麻由子
(東海大学専任講師)
竹淵 真由
(板橋区教育委員会)

【授業内容】
生涯学習の概念は包括的で、用いる人々によって多様な意味づけがなされています。しかしながら時代を区切ってみると、共同学習を尊重する社会教育的な理念(1950-1960年代)から、個人の自発的な学習を強調する考え方(1980-1990年代)を経て、今日では、学んだ成果を地域活動や社会参加活動に活かすことを強調する考え方が広まってきています。生涯学習についての概念の変化を理解した上で、行政との協働と生涯学習、NPOやボランティア活動と生涯学習、生涯学習の評価と社会参加活動について、具体的事例の提示やワークショップ形式で検討を進めていきます。

【授業テーマ】

  • 第1回 (堀本) オリエンテーション、生涯学習とは(1)社会教育から生涯学習へ
  • 第2回 (堀本)生涯学習とは(2)知の循環型社会の中での生涯学習
  • 第3回 (堀本)学びから社会参加へ(1)自己実現と生涯学習
  • 第4回 (堀本)学びから社会参加へ(2)ボランティア活動と生涯学習
  • 第5回 (竹淵)学びと参加のネットワーク(1)NPO・市民活動
  • 第6回 (竹淵)学びと参加のネットワーク(2)学校・地域・家庭の連携
  • 第7回 (竹淵)社会参加の展望と課題(1)住民の学習・活動と関わる行政の役割の変化
  • 第8回 (竹淵)社会参加の展望と課題(2)社会参加から社会参画へ

【学生へのメッセージ】
講義とグループでの話し合いを中心に授業をすすめます。受講生同士がコミュニケーションをとることで学びを深める参加型学習となりますが、無理なく、楽しく取り組めるように支援します。これまでの受講生の皆さんからは放送大学の他の授業と異なり、受講生同士のコミュニケーションをとることができ、有意義だったとの感想をいただいております。受講生同士の学び合いで、これまでの学習観を捉えなおしてみませんか。

【受講者が当日用意するもの】

成績評価の方法
成績評価は出席状況及び学習状況等を総合的に判断して行います。
クラス 教科書
K ・生涯学習の理論と実践(三輪建二/放送大学教育振興会/¥2,808/ISBN=9784595139376)
授業当日にプリントを配付します。
定員 参考書
40名
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「 専門科目:発達と教育 」に該当します。

ページの先頭へ