放送大学面接授業|( 東京文京学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターごとの面接授業のご案内 > 東京文京学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2398176 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

専門科目:社会と産業 | 近世ヨーロッパ社会経済史

科目区分

/



2014年10月22日(水)第1時限 10:00〜11:25
専門科目:社会と産業 2014年10月22日(水)第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2014年10月29日(水)第1時限 10:00〜11:25
2398176 2014年10月29日(水)第2時限 11:40〜13:05
開設学習センター 2014年11月05日(水)第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター ( 13B ) 2014年11月05日(水)第2時限 11:40〜13:05
科目名 2014年11月12日(水)第1時限 10:00〜11:25
近世ヨーロッパ社会経済史 2014年11月12日(水)第2時限 11:40〜13:05
担当講師 授業概要
岩井 隆夫
(慶應義塾大学非常勤講師)

【授業内容】
 授業を通じて、現代ヨーロッパにおける社会経済のあり方を見通した上で、産業構造、集落形態、社会構造という視角から、都市、農村、国家に焦点を当てながら、中世から近代に至るまでのヨーロッパの社会を社会経済史的に辿ります。
 現代ヨーロッパにおける社会経済のあり方が中世以来において歴史的に形成されたものであることについて一定の認識を持った上で、ヨーロッパの社会経済のあり方について一定のビジョンを持つことを到達目標とします。

【授業テーマ】

  • 第1回 はじめに(対象地域・対象時期・テーマについて)
  • 第2回 序論(視角と方法について)
  • 第3回 中世都市(都市と商業)
  • 第4回 中世都市(都市社会のあり方)
  • 第5回 近世農村(農村と農業)
  • 第6回 近世農村(農村社会のあり方)
  • 第7回 近世・近代国家(近世・近代国家と工業)
  • 第8回 近世・近代国家(近世・近代国家と社会)

【学生へのメッセージ】

【受講者が当日用意するもの】

成績評価の方法
成績評価は出席状況及び学習状況等を総合的に判断して行います。
クラス 教科書
K
授業当日にプリントを配付します。
定員 参考書
43名
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「 専門科目:社会と経済 」に該当します。

ページの先頭へ