放送大学面接授業|( 東京文京学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターごとの面接授業のご案内 > 東京文京学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2398621 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

専門科目:人間と文化 | 宗教とツーリズム

科目区分

/



2014年12月27日(土)第1時限 10:00〜11:25
専門科目:人間と文化 2014年12月27日(土)第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2014年12月27日(土)第3時限 14:10〜15:35
2398621 2014年12月27日(土)第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2014年12月28日(日)第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター ( 13B ) 2014年12月28日(日)第2時限 11:40〜13:05
科目名 2014年12月28日(日)第3時限 14:10〜15:35
宗教とツーリズム 2014年12月28日(日)第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
松井 圭介
(筑波大学生命環境系教授)

【授業内容】
 全国各地の自治体において、場所の魅力を発見し、創造することは重要なテーマとされています。地域間の競争が激しさを増す現代において、他所よりも魅力的な場所づくりを行う鍵は何でしょうか。本講義では、長崎の教会群を事例として、行政による聖地創造の仕掛けやカトリック側の対応等を通して、教会堂や殉教地などが、いかに観光資源として対象化されてくるのか、また場所が商品化されることにより、地域においてどのような問題が生じているのかについて考えてみます。

【授業テーマ】

  • 第1回 宗教とツーリズム? 理論的背景
  • 第2回 宗教とツーリズム? 巡礼と観光
  • 第3回 長崎におけるキリスト教
  • 第4回 長崎の観光動態
  • 第5回 世界遺産への動き
  • 第6回 教会を訪れる人々
  • 第7回 創造される聖地巡礼
  • 第8回 場所の商品化に関わる問題点

【学生へのメッセージ】
予備知識は特に必要ありません。宗教とツーリズムにかかわる具体例を中心に話します。

【受講者が当日用意するもの】

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
K ・観光戦略としての宗教‐長崎の教会群と場所の商品化-(松井 圭介/筑波大学出版会/¥3,024/ISBN=9784904074268)
定員 参考書
68名 ・宗教とツーリズム―聖なるものの変容と持続―(山中 弘/世界思想社/¥2,268/ISBN=9784790715658)
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「 専門科目:人間の探究 」に該当します。

ページの先頭へ