放送大学面接授業|( 東京文京学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターごとの面接授業のご案内 > 東京文京学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2397536 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

共通科目:自然系 | 保健医療統計学の考え方と基礎

科目区分

/



2014年11月25日(火)第1時限 10:00〜11:25
共通科目:自然系 2014年11月25日(火)第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2014年11月25日(火)第3時限 14:10〜15:35
2397536 2014年11月25日(火)第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2014年12月02日(火)第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター ( 13B ) 2014年12月02日(火)第2時限 11:40〜13:05
科目名 2014年12月02日(火)第3時限 14:10〜15:35
保健医療統計学の考え方と基礎 2014年12月02日(火)第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
山村 礎
(首都大学東京教授)

【授業内容】
 「Aという生活習慣はBという疾患のリスクを何倍にする」。「Cを毎日飲むとDという病気を予防する」。こうした表現にわたしたちは日常的に触れています。では、これらの表現が実際に示しているものは何でしょうか。具体的にどのような行動を取ればいいのでしょうか。そして、こうした表現はどのような過程を経て、私たちのところに届くのでしょうか。これらの疑問について一緒に考えていきたいと思います。

【授業テーマ】

  • 第1回 リスクX倍の背景 ークロス表ー
  • 第2回 「ふつう」であるとは? ー平均ー
  • 第3回 どこからが個性なのか ー分散ー
  • 第4回 「人間の水分は約6割」はどうやってわかったのか ー研究方法と統計ー
  • 第5回 人は健康にするボタンはないのか? ー因果関係と関連ー
  • 第6回 なぜ人はマジックに驚く ー偶然と必然ー
  • 第7回 保健医療における「よい介入」とは ー意思決定と確率ー
  • 第8回 統計を使うとき ー研究への道筋ー

【学生へのメッセージ】
保健医療に携わるものにとって、統計資料は比較的身近なものです。この身近な統計をきちんと評価すること。統計を使って自分の主張を理解してもらえること。以上の2つの目標を達成するための基本的な考え方を学んでほしいと思います。

【受講者が当日用意するもの】
ノート 電卓 方眼紙

成績評価の方法
成績評価は出席状況及び学習状況等を総合的に判断して行います。
クラス 教科書
K
教科書は使用しません。
定員 参考書
43名
その他(特記事項)

ページの先頭へ