放送大学面接授業|( 東京文京学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターごとの面接授業のご案内 > 東京文京学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2398036 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

専門科目:心理と教育 | 現代社会と子ども

科目区分

/



2014年10月25日(土)第1時限 10:00〜11:25
専門科目:心理と教育 2014年10月25日(土)第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2014年10月25日(土)第3時限 14:10〜15:35
2398036 2014年10月25日(土)第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2014年10月26日(日)第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター ( 13B ) 2014年10月26日(日)第2時限 11:40〜13:05
科目名 2014年10月26日(日)第3時限 14:10〜15:35
現代社会と子ども 2014年10月26日(日)第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
大倉 健太郎
(大阪女子短期大学教授)

【授業内容】
本講では、子どもと子どもたちを取り巻く社会状況をテーマにみなさんと深く考えていきます。この授業では、子どもの特性について触れるのではなく、大人たちが向ける子どもへの「まなざし」や「思い込み」を批判的に取り上げ、自らの子どもに対する見方や子どもをめぐる社会との関わりを再考していきます。

【授業テーマ】

  • 第1回 子どもと子ども観:存在か認識か
  • 第2回 「施設」の子どもたち(乳児院、児童養護施設、そして里親制度)
  • 第3回 「こうのとりのゆりかご」(熊本での取組み)
  • 第4回 児童虐待
  • 第5回 子どもの貧困?(貧困はなぜ問題なのか)
  • 第6回 子どもの貧困?(家庭における子育て、社会における子育て)
  • 第7回 少年犯罪(子どもは凶悪化したのか)
  • 第8回 不登校(学校は必要なのか)

【学生へのメッセージ】
テレビやマスコミは、子どもの出来や素行が悪いと短絡的に親や先生のせいにします。そして、子どもに虐待を働いたりするのは片親や再婚家庭と決め付けます。果たして、それらは本当でしょうか。なぜ、世間はそのような「思い込み」に陥るのでしょうか。本講では、子どもをめぐる問題を検証することで、私たちの社会のあり方について疑問をぶつけていきます。子育て中の親御さんのみならず、幅広く受講生を募ります。

【受講者が当日用意するもの】

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
K
授業当日にプリントを配付します。
定員 参考書
43名
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「 専門科目:発達と教育 」に該当します。

ページの先頭へ