放送大学面接授業|( 東京文京学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターごとの面接授業のご案内 > 東京文京学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2398796 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

専門科目:自然と環境 | 現代物理のフロンティア

科目区分

/



2014年12月20日(土)第1時限 10:00〜11:25
専門科目:自然と環境 2014年12月20日(土)第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2014年12月20日(土)第3時限 14:10〜15:35
2398796 2014年12月20日(土)第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2014年12月21日(日)第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター ( 13B ) 2014年12月21日(日)第2時限 11:40〜13:05
科目名 2014年12月21日(日)第3時限 14:10〜15:35
現代物理のフロンティア 2014年12月21日(日)第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
菅本 晶夫
(お茶の水女子大学教授)

【授業内容】
現代物理学のフロンティアは日々進歩している。報道等で、物の重さを与える「ヒッグス粒子」が発見された(?)、宇宙には「暗黒物質」や「暗黒エネルギー」が満ち満ちている(?)と聞かされても、すぐには理解できないだろう。それを理解するために力学、統計力学、相対論、量子力学、対称性の破れと標準模型、ひも理論などをたどりながら、「なぜそう考えたいのか」「なぜそう考えるとうまくゆくのか」を、平易に話してみよう。

【授業テーマ】

  • 第1回 ニュートンはなぜ偉いか(力学の創始者)
  • 第2回 ボルツマンはなぜ偉いか(統計力学の創始者)
  • 第3回 アインシュタインはなぜ偉いか(相対性理論の創始者)
  • 第4回 ハイゼンベルグはなぜ偉いか(量子力学の創始者)
  • 第5回 楊(ヤン)と内山龍雄はなぜ偉いか(ゲージ理論の創始者)
  • 第6回 ランダウと南部陽一郎はなぜ偉いか(対称性の破れの創始者)
  • 第7回 微視的世界のフロンティア
  • 第8回 巨視的世界(宇宙)のフロンティア

【学生へのメッセージ】
物理学のフロンティアを自分なりに理解する術を学んで欲しい。それには新しい概念を導入する意図に注目し、それを理解することだと思う。

【受講者が当日用意するもの】

成績評価の方法
成績評価は出席状況及び学習状況等を総合的に判断して行います。
クラス 教科書
K
教科書は使用しません。
定員 参考書
43名
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「 専門科目:自然の理解 」に該当します。

ページの先頭へ