放送大学面接授業|( 東京文京学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターごとの面接授業のご案内 > 東京文京学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2397218 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

共通科目:人文系 | 北斎画『東遊』の絵とテキスト

科目区分

/



2014年10月24日(金)第4時限 15:50〜17:15
共通科目:人文系 2014年10月31日(金)第4時限 15:50〜17:15
科目コード 2014年11月07日(金)第4時限 15:50〜17:15
2397218 2014年11月14日(金)第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2014年11月21日(金)第4時限 15:50〜17:15
東京文京学習センター ( 13B ) 2014年11月28日(金)第4時限 15:50〜17:15
科目名 2014年12月05日(金)第4時限 15:50〜17:15
北斎画『東遊』の絵とテキスト 2014年12月12日(金)第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
鈴木 淳
(国文学研究資料館名誉教授)

【授業内容】
寛政11年(1899)に出版された葛飾北斎画『東遊』は、北斎が本格的に江戸の名所を描いた最初の絵本です。その独自のアイディアによる図柄は、繊細な筆致と相俟って、個性的で魅力に富んだ世界を現出させ、後世に与えた影響も少なくありません。本講義では、北斎の絵について、描かれた名所や画中の詩歌等のテキストとともに考察、鑑賞し、歌川広重の『名所江戸百景』など、他の絵師による画図との比較を試みたいと思います。

【授業テーマ】

  • 第1回 『東遊』についての概略と特色。
  • 第2回 芝神明宮春景、三圍神社。
  • 第3回 隅田川春雪、今戸里。
  • 第4回 待乳山、請地松師。
  • 第5回 牛島中田屋、梅屋鋪。
  • 第6回 佃白魚網、王子稲荷社。
  • 第7回 王子海老屋、鎧匠。
  • 第8回 日本橋、駿河町越後屋。

【学生へのメッセージ】
江戸時代の絵本の見方、読み方に馴れる。また北斎という浮世絵界を代表する絵師について、その個性と多様性を受け止め、おのおのの感性で、視覚文化の核心に触れてほしい。
できれば、毎回次に取り上げる名所について、あらかじめ実地踏査を心がけてほしい。

【受講者が当日用意するもの】
辞書(電子辞書など)など

成績評価の方法
成績評価は出席状況及び学習状況等を総合的に判断して行います。
クラス 教科書
K
授業当日にプリントを配付します。
定員 参考書
43名 ・北斎の狂歌絵本(永田生慈 監修・解説/岩崎美術社/¥19,440/ISBN=9784753412570)
・新訂江戸名所図会 全6巻別巻2セット (市古夏生・鈴木健一校訂/ちくま学芸文庫/ISBN=9784480083104)
その他(特記事項)

ページの先頭へ