放送大学面接授業|( 東京文京学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターごとの面接授業のご案内 > 東京文京学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2398613 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

専門科目:人間と文化 | 中国の煉丹術

科目区分

/



2014年12月24日(水)第1時限 10:00〜11:25
専門科目:人間と文化 2014年12月24日(水)第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2014年12月24日(水)第3時限 14:10〜15:35
2398613 2014年12月24日(水)第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2014年12月26日(金)第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター ( 13B ) 2014年12月26日(金)第2時限 11:40〜13:05
科目名 2014年12月26日(金)第3時限 14:10〜15:35
中国の煉丹術 2014年12月26日(金)第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
加藤 千恵
(立教大学准教授)

【授業内容】
 中国の不死を目的とする秘技・煉丹術とその背景にある思想について紹介します。煉丹術には、器で鉱物薬を煉る「外丹」と体内で気を煉る「内丹」の二種類があります。これら二つの煉丹術は、身体の外側と内側で行われる全く異なるものに見えますが、根底にある考え方は共通していて、相互に影響を与えながら発展してきました。その歴史的展開についてはまだ多くの部分が謎に包まれていますが、煉丹術書をひもといて、古代の人々が伝えたかったのは何なのか、みなさんと一緒に迎えにいってみたいと思います。

【授業テーマ】

  • 第1回 不死を求めて―秦の始皇帝と馬王堆漢墓
  • 第2回 煉丹術とは何か
  • 第3回 『抱朴子』の仙道
  • 第4回 服薬ブームと薬害
  • 第5回 気の思想と壺中の天地
  • 第6回 内丹(体内における煉丹術)
  • 第7回 煉丹術の経典を読む―『周易参同契』『入薬鏡』『悟真篇』『女丹合編』ほか
  • 第8回 煉丹術の図を読み解く―「内経図」、煙蘿子「内境図」ほか

【学生へのメッセージ】

【受講者が当日用意するもの】

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
K
授業当日にプリントを配付します。
定員 参考書
43名 ・不老不死の身体−道教と「胎」の思想(加藤千恵/大修館書店/¥1,728/ISBN=9784469231892)
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「 専門科目:人間の探究 」に該当します。

ページの先頭へ