放送大学面接授業|( 東京文京学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターごとの面接授業のご案内 > 東京文京学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2398443 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

専門科目:人間と文化 | カルタゴ人の世界

科目区分

/



2014年10月28日(火)第3時限 14:10〜15:35
専門科目:人間と文化 2014年10月28日(火)第4時限 15:50〜17:15
科目コード 2014年11月04日(火)第3時限 14:10〜15:35
2398443 2014年11月04日(火)第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2014年11月11日(火)第3時限 14:10〜15:35
東京文京学習センター ( 13B ) 2014年11月11日(火)第4時限 15:50〜17:15
科目名 2014年12月09日(火)第3時限 14:10〜15:35
カルタゴ人の世界 2014年12月09日(火)第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
佐藤 育子
(日本女子大学学術研究員/筑波大学北アフリカ研究センター客員共同研究員/日本女子大学等非常勤講師)

【授業内容】
ギリシア人やローマ人に先立って地中海に積極的に進出し、交易で活躍したフェニキア人が、現在のチュニジアに築いた植民都市カルタゴ。やがて、母市テュロスに替わって西地中海の覇者となり、ポエニ戦争でローマに敗れるまでのカルタゴの歴史を、歴史史料・考古史料を駆使して、多角的に探っていきます。地中海世界の中のカルタゴという視点から、同時代の地中海世界の動向に目を配りつつも、ギリシア・ローマ史の側から見たカルタゴではなく、あくまでもカルタゴ史を中心とした内容で講義を進めて行きたいと思います。

【授業テーマ】

  • 第1回 カルタゴの誕生−建国神話に潜む歴史的背景
  • 第2回 紀元前8世紀から6世紀にかけての地中海−大植民の時代
  • 第3回 覇者の交代−マゴ家の登場とアフリカ支配の強化
  • 第4回 紀元前4世紀のカルタゴ−シチリアを巡る抗争
  • 第5回 ポエニ戦争前夜の地中海世界−開戦への道
  • 第6回 第1次ポエニ戦争とその余波−変わる地中海世界
  • 第7回 第2次ポエニ戦争とハンニバル−3度の人生を生きた男
  • 第8回 第3次ポエニ戦争とカルタゴの「滅亡」−フェニキアの海からローマの海へ

【学生へのメッセージ】
平成25年度第2学期の「フェニキア人の世界」の続編ともいうべき授業です。昨年度、受講して下さった方はもちろんのこと、広く古代地中海世界に関心のある方にご受講いただけたらと思います。授業の中でリアクション・ペーパーを書いていただき、それらも参考にしながら、授業を進めて行く予定です。

【受講者が当日用意するもの】
地図を使うこともありますので、マ―カ―や色鉛筆などをご持参下さい。

成績評価の方法
成績評価は出席状況及び学習状況等を総合的に判断して行います。
クラス 教科書
K
授業当日にプリントを配付します。
定員 参考書
43名 ・通商国家カルタゴ(栗田伸子・佐藤育子/講談社/¥2,484/ISBN=9784062807036)
書店やネット等で入手可能ですが、大きな公立図書館には入っています。
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「 専門科目:人間の探究 」に該当します。

ページの先頭へ