放送大学面接授業|( 東京文京学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターごとの面接授業のご案内 > 東京文京学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2398354 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

専門科目:人間と文化 | スピーチとコミュニケーション

科目区分

/



2014年10月22日(水)第2時限 11:40〜13:05
専門科目:人間と文化 2014年10月29日(水)第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2014年11月05日(水)第2時限 11:40〜13:05
2398354 2014年11月12日(水)第2時限 11:40〜13:05
開設学習センター 2014年11月19日(水)第2時限 11:40〜13:05
東京文京学習センター ( 13B ) 2014年11月26日(水)第2時限 11:40〜13:05
科目名 2014年12月03日(水)第2時限 11:40〜13:05
スピーチとコミュニケーション 2014年12月10日(水)第2時限 11:40〜13:05
担当講師 授業概要
遠田 恵子
(フリーアナウンサー/フェリス女学院大学他非常勤講師)

【授業内容】
 自分の話し方や声を、じっくりと聞いたことがありますか?聴く人にあなたの思いは、ちゃんと伝わっているでしょうか?大切なのはスピーチのチカラ!ちょっとしたコツをつかめば、より魅力的なスピーチができるようになります。
 スピーチ力は決して生まれつきのものではなく、訓練によって確実に上達する能力です。他者とコミュニケーションをはかるための重要なスキルでもあります。
 授業では録音を活用し、自身の話し方を客観的に分析することで、わかりやすい話の組立や、スピード、声のトーンなどについて学びます。くわえて、より良いスピーチのための発声や呼吸法、発音など基礎的実習も行い、より効果的な音声表現を探ります。

【授業テーマ】

  • 第1回 まずは基礎力のチェック!発声&呼吸法
  • 第2回 自分自身を知ろう!印象的な自己紹介とは
  • 第3回 わかりやすい話し方?話の道筋を考える
  • 第4回 わかりやすい話し方?説明を工夫する
  • 第5回 表現力を磨こう! 状況描写と言葉の選び方
  • 第6回 思い出を語る?心や思いをどう伝えるか
  • 第7回 思い出を語る?同上
  • 第8回 最終スピーチとまとめ

【学生へのメッセージ】
この授業では、“聴く力”を育むことも重要なポイント。クラスメートのスピーチを聴き互いに評価することが、それぞれのスピーチ力向上に役立ちます。みんなで一緒に作り上げる演習形式の授業ですので、出席を重視します。

【受講者が当日用意するもの】
USBメモリ(またはICレコーダー、録音機能付き携帯電話など音声を録音できるもの。)

成績評価の方法
成績評価は出席状況及び学習状況等を総合的に判断して行います。
クラス 教科書
K ・自分を伝える話し方(遠田恵子/?出版社/¥1,512/ISBN=9784777931163)
定員 参考書
25名
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「 専門科目:人間の探究 」に該当します。自分の音声を録音し、それを文字に書き起こすという作業をします。USBメモリやICレコーダーなど音声ファイルを入れるものをお持ちください。

ページの先頭へ