放送大学面接授業|( 東京文京学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターごとの面接授業のご案内 > 東京文京学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2397854 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

専門科目:生活と福祉 | 事例で学ぶ在宅看護論

科目区分

/



2014年10月25日(土)第1時限 10:00〜11:25
専門科目:生活と福祉 2014年10月25日(土)第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2014年10月25日(土)第3時限 14:10〜15:35
2397854 2014年10月25日(土)第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2014年10月26日(日)第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター ( 13B ) 2014年10月26日(日)第2時限 11:40〜13:05
科目名 2014年10月26日(日)第3時限 14:10〜15:35
事例で学ぶ在宅看護論 2014年10月26日(日)第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
佐藤 正子
(足利工業大学看護学部教授)

【授業内容】
居宅等の生活の場において、医療を受けながらも、その人らしい生活を維持していくために必要な看護援助について学びます。授業はグループによる演習形式で、具体的な事例のケアプラン作成を通して、療養者・家族へのケア体制、関連職種間の連携、在宅看護の役割・機能について学びます。

【授業テーマ】

  • 第1回 在宅医療・在宅ケア推進の社会的背景と法的基盤
  • 第2回 在宅医療・看護の対象と介護する家族の状況
  • 第3回 退院支援・退院調整の仕組み 在宅療養支援体制
  • 第4回 グループワーク(ケアマネジメント、ケアプラン作成)
  • 第5回 グループワーク(ケアマネジメント、ケアプラン作成)
  • 第6回 グループワーク(ケアマネジメント、ケアプラン作成)
  • 第7回 グループワーク (作成したケアプランの発表)
  • 第8回 在宅ケア体制における看護の役割・機能。在宅看護における倫理的課題

【学生へのメッセージ】
 在宅医療・在宅ケアに興味をもって受講して下さい。施設中心の医療から在宅医療・ケア体制が進めらる中で、多様化する看護活動の実際学び、安心して在宅療養を継続していくための課題は何か、共に考えましょう。

【受講者が当日用意するもの】

成績評価の方法
成績評価は出席状況及び学習状況等を総合的に判断して行います。
クラス 教科書
K
授業当日にプリントを配付します。
定員 参考書
43名
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「 専門科目:生活と福祉 」に該当します。

ページの先頭へ