放送大学面接授業|( 東京文京学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターごとの面接授業のご案内 > 東京文京学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2397579 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

共通科目:自然系 | 水産海洋学概論

科目区分

/



2014年11月29日(土)第1時限 10:00〜11:25
共通科目:自然系 2014年11月29日(土)第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2014年11月30日(日)第1時限 10:00〜11:25
2397579 2014年11月30日(日)第2時限 11:40〜13:05
開設学習センター 2014年12月06日(土)第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター ( 13B ) 2014年12月06日(土)第2時限 11:40〜13:05
科目名 2014年12月07日(日)第1時限 10:00〜11:25
水産海洋学概論 2014年12月07日(日)第2時限 11:40〜13:05
担当講師 授業概要
木村 伸吾
(東京大学教授)

【授業内容】
ニホンウナギやマグロ類などのような大規模回遊魚類、マイワシ類などのような多獲性浮魚類に焦点を当て、エルニーニョや地球温暖化といった大規模な海洋・気象変動がどのように海洋生物資源の生態に関わっているのか、海流の変動や生物の生産などの基礎的な海洋学を含めて概説します。

【授業テーマ】

  • 第1回 海水の循環メカニズム1
  • 第2回 海水の循環メカニズム2
  • 第3回 鉛直混合がもたらす生物生産
  • 第4回 生物の分布・分散過程
  • 第5回 生物の回遊過程1
  • 第6回 生物の回遊過程2
  • 第7回 これまでの講義の復習
  • 第8回 試験と解説

【学生へのメッセージ】
達成度を確認するために試験を行いますが、事前に講義の復習を行い理解の確認をします。

【受講者が当日用意するもの】

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、試験の評点により行います。
クラス 教科書
K
教科書は使用しません。
定員 参考書
43名 ・水産海洋学入門 海洋生物資源の持続的利用(水産海洋学会/講談社/¥4,212/ISBN=9784061537385)
その他(特記事項)

ページの先頭へ