放送大学面接授業|( 東京文京学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターごとの面接授業のご案内 > 東京文京学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2398257 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

専門科目:社会と産業 | 国際資源・環境問題と持続可能性

科目区分

/



2015年01月06日(火)第1時限 10:00〜11:25
専門科目:社会と産業 2015年01月06日(火)第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2015年01月06日(火)第3時限 14:10〜15:35
2398257 2015年01月06日(火)第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2015年01月07日(水)第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター ( 13B ) 2015年01月07日(水)第2時限 11:40〜13:05
科目名 2015年01月07日(水)第3時限 14:10〜15:35
国際資源・環境問題と持続可能性 2015年01月07日(水)第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
吉竹 広次
(共立女子大学教授)

【授業内容】
グローバリゼーションはBRICsなどの新興国の台頭とともに水、食料、エネルギーなどの資源問題や地球温暖化を始めとする国際環境問題を引き起こしています。世界人口は現在の70億人から2050年には93億人になるとされ、今後、資源・環境問題は一層深刻化すると考えられます。講義では、英エコノミスト誌やCIAなどが提示する2050年の将来予測を踏まえて、資源・環境の持続可能性とあるべきグローバル・ガバナンスの姿を考えます。

【授業テーマ】

  • 第1回 グローバリゼーションの進展
  • 第2回 新興国の台頭
  • 第3回 エネルギーの歴史と課題
  • 第4回 水資源・・・「21世紀は水の世紀」
  • 第5回 食料問題:世界の食料需給
  • 第6回 地球温暖化・・・ポスト京都のグローバル・ガバナンス
  • 第7回 国際環境問題
  • 第8回 2050年の世界と持続可能性(サステナビリィテー)

【学生へのメッセージ】
特別な専門知識は前提としません。科学的データなどを取り上げますが、技術的問題より、グローバル・ガバナンスといった国際政治経済、国際社会のあり方に焦点をあてます。目先に囚われず、長期的な視点から世界の課題、人間の幸福を考えてみたいと思います。

【受講者が当日用意するもの】

成績評価の方法
成績評価は出席状況及び学習状況等を総合的に判断して行います。
クラス 教科書
K
教科書は使用しません。
定員 参考書
78名 ・2050年の世界(英国エコノミスト誌/文芸春秋/¥1,890/ISBN=9784163755007)
・地球全体を幸福にする経済学(ジェフリー・サックス/早川書房/ISBN=9784152090577)
・2052 ~今後40年のグローバル予測(ヨルゲン・ランダース/日経BP社/¥2,376/ISBN=9784822249410)
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「 専門科目:社会と経済 」に該当します。

ページの先頭へ