放送大学面接授業|( 東京文京学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターごとの面接授業のご案内 > 東京文京学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2397773 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

共通科目:外国語 | スペイン語の初歩:会話編

科目区分

/



2014年12月20日(土)第1時限 10:00〜11:25
共通科目:外国語 2014年12月20日(土)第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2014年12月20日(土)第3時限 14:10〜15:35
2397773 2014年12月20日(土)第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2014年12月21日(日)第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター ( 13B ) 2014年12月21日(日)第2時限 11:40〜13:05
科目名 2014年12月21日(日)第3時限 14:10〜15:35
スペイン語の初歩:会話編 2014年12月21日(日)第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
藤田 護
(東京大学大学院助教)

【授業内容】
 スペイン語は、世界で共通語として役に立つ言語でありつつ、各地の社会と文化の多様性を反映した様々な姿を見せる言語でもあります。
 この授業ではスペイン語の初歩として、発音とアクセント、様々な挨拶、名詞・形容詞の性と数、動詞の活用の基本を身に付けます。また、会話に役立つような表現を身に付ける中で、スペイン語の数詞、前置詞、無主語文、再帰動詞といった項目について解説します。

【授業テーマ】

  • 第1回 スペイン語圏の広がりと多様性
  • 第2回 スペイン語の発音
  • 第3回 スペイン語の挨拶
  • 第4回 スペイン語の名詞と形容詞の性と数
  • 第5回 スペイン語の簡単な動詞の活用
  • 第6回 自分について簡単なスペイン語で話してみる、相手にスペイン語で質問をする
  • 第7回 様々な便利な表現(時間や日付、場所と位置関係)
  • 第8回 様々な便利な表現(天候、再帰動詞と日常の様々な動作)

【学生へのメッセージ】
授業参加を重視し、スペイン語を一から解説します。スペイン語に限らず全ての語学は、実際に自分で口に出して身体を使って習得することが重要です。また、スペイン語を通して見える新たな世界への好奇心を求めます。

【受講者が当日用意するもの】
初級向けの西和辞典と和西辞典を持っていることは理解を助けますが、必須ではありません。当日の内容は辞書を持たずに理解できるような配慮を行います。

成績評価の方法
授業の終わりに簡単な小テストを行います。
クラス 教科書
K
授業当日にプリントを配付します。
定員 参考書
30名
その他(特記事項)
スペイン語の初歩は発音編、文化編、会話編の3科目で構成され、本科目は会話編です。

ページの先頭へ