放送大学面接授業|( 東京文京学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターごとの面接授業のご案内 > 東京文京学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2395479 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

専門科目:心理と教育 | 臨床心理学実習A

科目区分

/



2014年10月18日(土)第1時限 10:00〜11:25
専門科目:心理と教育 2014年10月18日(土)第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2014年10月18日(土)第3時限 14:10〜15:35
2395479 2014年10月18日(土)第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2014年10月19日(日)第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター ( 13B ) 2014年10月19日(日)第2時限 11:40〜13:05
科目名 2014年10月19日(日)第3時限 14:10〜15:35
臨床心理学実習A 2014年10月19日(日)第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
山崖 俊子
(津田塾大学元教授)

【授業内容】
 臨床心理学は生き難さを抱えた人との個人的関わりを通して援助をするという目的の中から生まれた学問であり、援助者の価値観、人間観が大きく影響します。なぜなら「生き難さを抱えた人」とは「あるがままの自分」と「あるべきと考える自分」との間に大きな乖離を抱えており、「あるがままの自分」の微かな内なる声を何とか救い上げたいともがいている状態にあるからです。援助者はそのもがきにそっと寄り添い、微かな内なる声との出会いを援助します。その際、援助者の意識的・無意識的価値観が前面に出ることによって、クライエント(相談に来る人)は自らの内なる声との出会いに支障を来すことになりかねません。
 この授業では、援助者としての学生自身の「自己理解」に焦点を当て、質問紙法、投影法等の心理検査も行います。
 教科書は特に定めず、授業当日にプリントを配布します。
 なお、すべての実験課題についてレポートを作成していただきます。











【授業テーマ】

  • 第1回 オリエンテーション、学生自身の受講理由をおよび期待を語ってもらう。
  • 第2回 こころの構造(意識とは、無意識とは)、症状の意味を学ぶ。
  • 第3回 投影法としての風景構成法、バウムテストを用いて自己理解を深める。
  • 第4回 自己受容・障害受容について考える。
  • 第5回 エゴグラムを投影法的に用いて自己理解を深める。
  • 第6回 エゴグラムを投影法的に用いて自己理解を深める。
  • 第7回 投影法としての「交互スクリブル物語統合法」を用いて自己理解を深める。
  • 第8回 心理療法とは?まとめ

【学生へのメッセージ】
日常的他者援助(友人、家族間で行う)と非日常的他者援助(専門家による心理療法)の違いがあることを学んでほしいと思います。



【受講者が当日用意するもの】
画用紙(A4)4枚、鉛筆(黒4B)、クレヨン、極細サインペン(黒、油性)

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
K
授業当日にプリントを配付します。
定員 参考書
40名 ・ヒルベルという子がいた(ペーター・ヘルトリング/偕成社/¥756/ISBN=9784035509301)
・自閉症裁判  レッサーパンダ帽男の「罪と罰」(佐藤幹夫/洋泉社/ISBN=4896918983)
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「 専門科目:発達と教育 」に該当します。・同じ講師が担当した「臨床心理学実習C」とほぼ同一の内容であることを承知の上履修のこと。
・臨床心理学実習のA、Bは難易度のちがいによるものではありません。講師の違いによって、臨床心理学の関わりの多様性を学ぶことになります。
【履修制限】面接授業「臨床心理学演習A」の単位を修得済みの方は登録できません。

ページの先頭へ