放送大学面接授業|( 東京文京学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターごとの面接授業のご案内 > 東京文京学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2398230 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

専門科目:社会と産業 | ケースで経営のコツをつかむ

科目区分

/



2014年11月29日(土)第1時限 10:00〜11:25
専門科目:社会と産業 2014年11月29日(土)第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2014年11月29日(土)第3時限 14:10〜15:35
2398230 2014年11月29日(土)第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2014年11月30日(日)第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター ( 13B ) 2014年11月30日(日)第2時限 11:40〜13:05
科目名 2014年11月30日(日)第3時限 14:10〜15:35
ケースで経営のコツをつかむ 2014年11月30日(日)第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
小倉 行雄
(放送大学客員教授)

【授業内容】
 ケースを用いて、生きた経営を実践的に学ぶ機会にします。ケース企業は、金沢市で独自な環境空間の創造に成功し、東京市場進出で新たなステージを切り拓きつつあるぶどうの木です。授業はチームを基礎にして行います。チーム毎でケース教材を読み込み、分析し、ケース課題の回答をつくって発表会に至るという流れです。発表会では、受講者全員で評価表に基づき、回答を評価し、最優秀チームを決めて表彰します。 
 授業の全体を通じて、?初心者でもケース分析ができる力がつきます。?チームづくりの方法を体得的に学ぶことができます。?チームづくりに汗を流すことで、リーダーシップ力が身につきます。さらには、?学びの友が得られます。                              

【授業テーマ】

  • 第1回 ケースの概要説明とビジネスフレームワークに関する講義
  • 第2回 グループに分かれての自己紹介と名刺交換、チームづくり、役割分担決めなど
  • 第3回 ケース企業に関する事前収集情報の紹介と検討
  • 第4回 ケースの読み合わせによる分析
  • 第5回 ケース回答の骨子づくり
  • 第6回 全体情報と突き合わせながら、ケース回答を作成。発表のリハーサルも行う
  • 第7回 全体発表、質疑応答、受講者からの評価、講師の評価
  • 第8回 全体作業のまとめ、個人レポートの作成

【学生へのメッセージ】
1.ケース教材の読み込みと予習
2.ケース企業に関する情報収集
3.グループ討議やチームづくりへの積極的な参加
4.グループ討議を楽しみ、その中で学ぶ

【受講者が当日用意するもの】
1.送付する教材、2.自己紹介用の名刺、3.チーム毎のパソコン1台程度

成績評価の方法
成績評価は出席状況及び学習状況等を総合的に判断して行います。
クラス 教科書
K ・ぶどうの木の経営ケース−総合的演習教材の試み−(小倉行雄/小倉行雄研究室/¥0/ISBN=なし)
受講前に事務局より各受講者あてに事前送付する
定員 参考書
25名 ・MBAのためのケース分析(小樽商科大学ビジネススクール編/同文舘出版/¥2,484/ISBN=9784495372620)
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「 専門科目:産業と技術」に該当します。受講者には、事務局よりケース教材を事前送付する。

ページの先頭へ