放送大学面接授業|( 東京文京学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターごとの面接授業のご案内 > 東京文京学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2397919 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

専門科目:生活と福祉 | 洗濯と洗剤の科学(2)

科目区分

/



2014年11月27日(木)第1時限 10:00〜11:25
専門科目:生活と福祉 2014年11月27日(木)第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2014年12月04日(木)第1時限 10:00〜11:25
2397919 2014年12月04日(木)第2時限 11:40〜13:05
開設学習センター 2014年12月11日(木)第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター ( 13B ) 2014年12月11日(木)第2時限 11:40〜13:05
科目名 2014年12月18日(木)第1時限 10:00〜11:25
洗濯と洗剤の科学(2) 2014年12月18日(木)第2時限 11:40〜13:05
担当講師 授業概要
山田 裕子
(放送大学非常勤講師)

【授業内容】
洗濯に使っている水は、空気同様存在も特質も我々に感じさせないが、水は物質としてとても変わった物質である。水の特性について学ぶ。
「洗濯と洗剤の科学(1)」に続き、実験により洗濯条件のうち洗剤濃度について検証する。得た知識を活用して自家の家庭洗濯について、改良を考える。
水を使う洗濯と、水を使わない洗濯=ドライクリーニングとの違いも学ぶ。











【授業テーマ】

  • 第1回 講義:水の特性
  • 第2回 講義:石けんと合成洗剤。漂白と蛍光増白
  • 第3回 実験:洗濯の条件:洗剤の使用濃度の検討
  • 第4回 実験:洗濯の条件:洗剤の使用濃度の検討
  • 第5回 実験:市販洗剤に表示された「使用量の目安」の意味を考える
  • 第6回 実験:自家の洗濯の洗浄効果
  • 第7回 実験のまとめ
  • 第8回 講義:水洗濯とドライクリーニング

【学生へのメッセージ】
実生活に密着したテーマなので、一つ一つ着実に理解して、今後の生活に活かしてほしいと思います。



【受講者が当日用意するもの】
3回目以降、白衣、エプロンまたは汚れてもよい衣服。

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
K
授業当日にプリントを配付します。
定員 参考書
20名 ・衣服管理の科学(片山 倫子 編著/建帛社/¥2,376/ISBN=4-7679-1048-x)
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「 専門科目:生活と福祉 」に該当します。「学生教育研究災害傷害保険」加入者を対象としていますので、未加入の方は必ず前日までに最寄りの学習センターにて加入してください。

ページの先頭へ