放送大学面接授業|( 東京文京学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターごとの面接授業のご案内 > 東京文京学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2397439 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

共通科目:自然系 | 生殖と受精の生命科学

科目区分

/



2014年10月21日(火)第3時限 14:10〜15:35
共通科目:自然系 2014年10月21日(火)第4時限 15:50〜17:15
科目コード 2014年10月28日(火)第3時限 14:10〜15:35
2397439 2014年10月28日(火)第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2014年11月04日(火)第3時限 14:10〜15:35
東京文京学習センター ( 13B ) 2014年11月04日(火)第4時限 15:50〜17:15
科目名 2014年11月11日(火)第3時限 14:10〜15:35
生殖と受精の生命科学 2014年11月11日(火)第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
奥野 誠
(放送大学客員准教授)

【授業内容】
 生殖とは、種固有の遺伝情報のセット(ゲノム)を世代を超えて維持する仕組みのことです。多くの生物は、そのために性をもっていますが、性によって、遺伝情報を継代的に維持すると同時に、多様性をも獲得しました。有性生殖では、卵と精子が受精することによって個体がスタートします。その意味で、卵や精子は最も根源的な細胞であると同時に、それぞれは極度に分化した細胞でもります。授業では、生殖の仕組み、卵や精子の特異的な機能、受精と初期発生について解説します。

【授業テーマ】

  • 第1回 生殖とはなにか
  • 第2回 生殖細胞と減数分裂
  • 第3回 精子形成および精子の構造と機能
  • 第4回 精子における鞭毛運動とその制御
  • 第5回 鞭毛・繊毛と生命との深い関わり
  • 第6回 卵形成と細胞分裂の制御
  • 第7回 受精
  • 第8回 初期発生

【学生へのメッセージ】
生殖は生命現象の根幹をなすものであり、これを学ぶことは、生命を考える上で大変興味深い知見を与えてくれるはずです。そこから「生命とは何か?私たちはどのように生れてきて、どこを目指しているのか?」という問題について考えてみて下さい。

【受講者が当日用意するもの】

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、試験の評点により行います。
クラス 教科書
K
授業当日にプリントを配付します。
定員 参考書
43名 ・ウィルト発生生物学(ウィルト/東京化学同人/¥5,616/ISBN=9784807906246)
その他(特記事項)
(履修制限)面接授業「受精と生殖」の単位を修得済みの方は登録できません。



ページの先頭へ