放送大学面接授業|( 東京文京学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターごとの面接授業のご案内 > 東京文京学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2397412 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

共通科目:社会系 | 社会統計学の基礎

科目区分

/



2014年11月26日(水)第3時限 14:10〜15:35
共通科目:社会系 2014年11月26日(水)第4時限 15:50〜17:15
科目コード 2014年12月03日(水)第3時限 14:10〜15:35
2397412 2014年12月03日(水)第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2014年12月10日(水)第3時限 14:10〜15:35
東京文京学習センター ( 13B ) 2014年12月10日(水)第4時限 15:50〜17:15
科目名 2014年12月17日(水)第3時限 14:10〜15:35
社会統計学の基礎 2014年12月17日(水)第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
高橋 和子
(敬愛大学・教授 )

【授業内容】
現代社会においては、データに基づいた議論が多く行われますが、そこでは、統計的な分析方法に対する知識が必要です。本科目では、主として、世論調査やマーケティングリサーチ(市場調査)など「社会調査」により収集されるデータを対象に、その分析方法の基礎を学びます。理解を深めるために、授業は、講義とパソコンを用いた実習の両方により行います。











【授業テーマ】

  • 第1回 社会調査の種類、データの水準(質的データ、量的データ)
  • 第2回 傾向を知る(度数分布表、代表値、分散など)
  • 第3回 関連を知る(質的データ)
  • 第4回 パソコンによる実習(質的データ)
  • 第5回 関連を知る(量的データ)
  • 第6回 パソコンによる実習(量的データ)
  • 第7回 予測をする(回帰分析)
  • 第8回 パソコンによる実習(回帰分析)

【学生へのメッセージ】
統計的な知識は必要ありませんが、Excelの基本操作ができることが望ましい。



【受講者が当日用意するもの】

成績評価の方法
成績評価は出席状況及び学習状況等を総合的に判断して行います。
クラス 教科書
K
授業当日にプリントを配付します。
定員 参考書
24名 ・社会統計学入門 (林 拓也 /放送大学教材 /¥2,700/ISBN=9784595313707)
その他(特記事項)

ページの先頭へ