放送大学面接授業|( 東京文京学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターごとの面接授業のご案内 > 東京文京学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2397803 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

専門科目:生活と福祉 | 染色ー染める・褪せる

科目区分

/



2014年10月18日(土)第2時限 11:40〜13:05
専門科目:生活と福祉 2014年10月25日(土)第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2014年11月01日(土)第2時限 11:40〜13:05
2397803 2014年11月08日(土)第2時限 11:40〜13:05
開設学習センター 2014年11月15日(土)第2時限 11:40〜13:05
東京文京学習センター ( 13B ) 2014年11月22日(土)第2時限 11:40〜13:05
科目名 2014年11月29日(土)第2時限 11:40〜13:05
染色ー染める・褪せる 2014年12月06日(土)第2時限 11:40〜13:05
担当講師 授業概要
駒城 素子
(お茶の水女子大学名誉教授)

【授業内容】
人類は古来から,藍や紅花・茜などから得る色素を利用して,“色のある生活”を楽しんできました。この講義では,色素・染料・顔料の種類と特徴について,代表的な天然染料と合成染料を取り上げて解説します。また何故物質に “色がある”のか?,何故 “染まる”のか?,さらに染めた物を使用していくうちに“色が褪せる”のは何故か? ,これらにどのような技術的対応をしてきたか,などを主として化学的に講義します。

【授業テーマ】

  • 第1回 色素・染料・顔料の定義と種類
  • 第2回 天然染料(1) 藍
  • 第3回 天然染料(2) 茜・コチニール・ラック
  • 第4回 合成染料(容易に染まるが繊維を選ぶ)ー発色と吸着・結合
  • 第5回 色素・染料の特徴と化学構造(吸着・結合を支配する要因)
  • 第6回 染色の丈夫さー変色と褪色を支配する要因
  • 第7回 丈夫な染色を目指した技術と,染料・色素の開発
  • 第8回 土(顔料)で ”染める”

【学生へのメッセージ】
本講義は,今年度から来年度にかけて物としての衣服について,その素材の種類,性質,染色,洗浄という一連の内容で取り上げる講義のうちの一つと位置づけていますが,今学期のみ受講することも歓迎します。

【受講者が当日用意するもの】

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
K
授業当日にプリントを配付します。
定員 参考書
43名 ・染色概説新版(矢部章彦,林雅子/光生館/¥2,160/ISBN=9784332100119)
・染色加工の事典(日本学術振興会繊維高分子機能加工第120委員会/朝倉書店/ISBN=9784254252392)
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「 専門科目:生活と福祉 」に該当します。

ページの先頭へ