放送大学面接授業|( 東京文京学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターごとの面接授業のご案内 > 東京文京学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2397684 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

共通科目:外国語 | 中国語の初歩:文化編

科目区分

/



2014年10月31日(金)第1時限 10:00〜11:25
共通科目:外国語 2014年10月31日(金)第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2014年10月31日(金)第3時限 14:10〜15:35
2397684 2014年10月31日(金)第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2014年11月01日(土)第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター ( 13B ) 2014年11月01日(土)第2時限 11:40〜13:05
科目名 2014年11月01日(土)第3時限 14:10〜15:35
中国語の初歩:文化編 2014年11月01日(土)第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
宮本 めぐみ
(立教女学院短期大学・専任講師)

【授業内容】
 【文化篇】
中国語未習者または放送授業「中国語?」履修者に対応する授業です。
授業では中国語の初歩的な内容を学習します。発音の基礎を一通り学んだ後は、中国の文化・社会・歴史等にまつわるいくつかのトピックを取り上げ、その背後にある中国語とはいかなる言語であるのかを考えていきます。
この授業では、会話文や歌、文学作品を通して、現代中国に対する理解を深めます。
なお、「初歩の中国語・発音編」・同「会話編」とは一定程度内容の重複があります。

【授業テーマ】

  • 第1回 ガイダンス、中国語の音節、「ピンイン」、「簡体字」、四声
  • 第2回 単母音、複母音
  • 第3回 子音、鼻音
  • 第4回 声調の変調、r化音、発音のまとめ
  • 第5回 会話文を読む?
  • 第6回 会話文を読む?
  • 第7回 中国語の歌をうたう
  • 第8回 平易な文学作品を読む

【学生へのメッセージ】
中国語には日本にはない発音や漢字がたくさんありますが、基礎からしっかり学べば心配ありません。恥ずかしがらずに大きな声で発音することを心がけて下さい。

【受講者が当日用意するもの】

成績評価の方法
成績評価は出席状況及び学習状況等を総合的に判断して行います。
クラス 教科書
K
授業当日にプリントを配付します。
定員 参考書
30名
その他(特記事項)
中国語の初歩は発音編、文化編、会話編の3科目で構成され、本科目は文化編です。

ページの先頭へ