放送大学面接授業|( 東京文京学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターごとの面接授業のご案内 > 東京文京学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2397935 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

専門科目:生活と福祉 | 成人看護学

科目区分

/



2014年12月07日(日)第2時限 11:40〜13:05
専門科目:生活と福祉 2014年12月07日(日)第3時限 14:10〜15:35
科目コード 2014年12月07日(日)第4時限 15:50〜17:15
2397935 2014年12月13日(土)第3時限 14:10〜15:35
開設学習センター 2014年12月13日(土)第4時限 15:50〜17:15
東京文京学習センター ( 13B ) 2014年12月20日(土)第2時限 11:40〜13:05
科目名 2014年12月20日(土)第3時限 14:10〜15:35
成人看護学 2014年12月20日(土)第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
千葉 由美
(横浜市立大学大学院・教授)
渡部 節子
(横浜市立大学大学院・教授)
森 みずえ
(横浜市立大学大学院・教授)

【授業内容】
 本科目では、成人期にある人々やその家族に関わる疾病や症状に対する診療補助行為、療養支援、さらには予防など、病院や施設、地域における看護活動の基本的専門知識と最新の介入技術について具体的に学びを深めます。成人期の看護の中でも代表的な内容を8回の講義で集約します。これらの授業を通して、全人的医療や集学的医療、さらには病者の生活の質について理解の促進をはかります。

【授業テーマ】

  • 第1回 成人の特徴と成人期に特有な健康問題
  • 第2回 成人を対象に行う看護を理解する上で必要な概念及び理論
  • 第3回 医療感染関連施設における感染予防と感染症看護
  • 第4回 成人期の看護 生活習慣病から慢性疾患へ 生活と看護
  • 第5回 成人期の看護 慢性疾患のケアと生活管理
  • 第6回 脳血管疾患に対する急性期ケアおよび合併症管理
  • 第7回 心臓疾患に対する救命措置およびリハビリテーション
  • 第8回 がん患者およびその家族に対する緩和ケア

【学生へのメッセージ】
成人看護では、一般的によく知られるような疾患や症状を取り扱います。内容が多岐にわたりますので、ひとつひとつを正しく理解することが重要です。

【受講者が当日用意するもの】

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、試験の評点により行います。
クラス 教科書
K
授業当日にプリントを配付します。
定員 参考書
78名
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「 専門科目:生活と福祉 」に該当します。試験は、授業で実施した内容から出題致します。

ページの先頭へ