放送大学面接授業|( 東京文京学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターごとの面接授業のご案内 > 東京文京学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2397960 」、クラスコードは「 L 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

専門科目:生活と福祉 | 作って学ぶ化粧品

科目区分

/



12月24日(水)第1時限 10:00~11:25
専門科目:生活と福祉 12月24日(水)第2時限 11:40~13:05
科目コード 12月24日(水)第3時限 14:10~15:35
2397960 12月24日(水)第4時限 15:50~17:15
開設学習センター 12月25日(木)第1時限 10:00~11:25
東京文京学習センター ( 13B ) 12月25日(木)第2時限 11:40~13:05
科目名 12月25日(木)第3時限 14:10~15:35
作って学ぶ化粧品 12月25日(木)第4時限 15:50~17:15
担当講師 授業概要
髙林 久美子
(白鴎大学・東京医薬専門学校非常勤講師)

【授業内容】
私たちが毎日何気なく使っている化粧品。店頭には色とりどりの製品があふれ、テレビや女性誌などではさまざまな情報・広告を流しています。しかしその割には化粧品の中身のこと、化粧品を使う肌のことは知られていません。今回の授業では化粧品を構成する成分や肌や毛髪の仕組みについて学んでいきます。講義だけではなく、実際に自分で簡単な化粧水とクリームを作る実験を織り交ぜながら理解を深めていきます。

【授業テーマ】

  • 第1回 化粧品とは? 化粧品と医薬部外品の定義 皮膚と毛髪の仕組みと機能①
  • 第2回 皮膚と毛髪の仕組みと機能②
  • 第3回 実験 化粧水 ①保湿剤の感触
  • 第4回 実験 化粧水 ②化粧水の作成
  • 第5回 皮膚と紫外線のかかわり 皮膚の老化
  • 第6回 界面活性剤の働き
  • 第7回 実験 クリーム ①界面活性剤の働き
  • 第8回 実験 クリーム ②クリームの作成

【学生へのメッセージ】
化粧品の基礎をやさしく解説する授業ですので気軽に参加してください。

【受講者が当日用意するもの】
汚れてもよい服或いは白衣、エプロンなど、動きやすい靴、電卓

成績評価の方法
成績評価は出席状況及び学習状況等を総合的に判断して行います。
クラス 教科書
L
授業当日にプリントを配付します。
定員 参考書
24名 ・トコトンやさしい化粧品の本(福井 寛/日刊工業新聞社/¥1,512/ISBN=9784526063473)
・新化粧品学(光井武夫編/南山堂/¥9,288/ISBN=9784525782528)
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「 専門科目:生活と福祉 」に該当します。「学生教育研究災害傷害保険」加入者を対象としていますので、未加入の方は必ず前日までに最寄りの学習センターにて加入してください。

ページの先頭へ