放送大学面接授業|( 大阪学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターごとの面接授業のご案内 > 大阪学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2416360 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

専門科目:自然と環境 | 日本の植物と私たちの暮らし

科目区分

/



2015年05月23日(土)第1時限 09:45~11:10
専門科目:自然と環境 2015年05月23日(土)第2時限 11:20~12:45
科目コード 2015年05月23日(土)第3時限 13:35~15:00
2416360 2015年05月23日(土)第4時限 15:10~16:35
開設学習センター 2015年05月24日(日)第1時限 09:45~11:10
大阪学習センター ( 27A ) 2015年05月24日(日)第2時限 11:20~12:45
科目名 2015年05月24日(日)第3時限 13:35~15:00
日本の植物と私たちの暮らし 2015年05月24日(日)第4時限 15:10~16:35
担当講師 授業概要
片山 雅男
(夙川学院短期大学児童教育学科・教授)

【授業内容】
 私たちの祖先は自分の住む地域の自然を熟知し、その恵みを衣・食・住に利用して生活してきました。長年にわたる試行錯誤の結果、改良が加えられ洗練されたものが、伝統となり文化と呼ばれるものになったのです。本講義では、日本の自然の美しさや不思議さに触れるとともに、植物や動物とどのようなかかわり方をして暮らしてきたかを紹介します。第二日目午後は、天王寺公園での植物観察を予定しています。

【授業テーマ】

  • 第1回 日本の自然環境と豊かな植生 -気候、地質、地史-
  • 第2回 亜熱帯の自然と琉球文化 -民家、民具、信仰-
  • 第3回 暖温帯の自然と照葉樹林文化 -日華植物区系-
  • 第4回 日本の生活に見られる照葉樹林文化 -食品加工、習俗-
  • 第5回 里山ミュージアム -人とともに生きる植物-
  • 第6回 冷温帯の自然とナラ(ブナ)林文化 -奥山の暮らし-
  • 第7回 身近な“自然”を楽しむために -植物観察入門-
  • 第8回 日本の植物と私たちの暮らし -年中行事と植物-

【学生へのメッセージ】
 私たちの日常生活が、自然の恩恵を受けて成り立っていることを再認識していただきたい。専門的な予備知識は必要としないが、各内容について関心を持ち、身の回りの事物を見直してほしい。

【受講者が当日用意するもの】

成績評価の方法
成績評価は出席状況及び学習状況等を総合的に判断して行います。
クラス 教科書
K
授業当日にプリントを配付します。
定員 参考書
40名 ・照葉樹林文化とは何か―東アジアの森が生み出した文明 (中公新書)(佐々木 高明/中公新書/¥1,058/ISBN=9784121019219)
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「 専門科目:自然の理解 」に該当します。2日目午後の詳細については後日、受講者に案内を送付します。 この授業は、【天王寺公園(2日目午後のみ)(大阪市天王寺区茶臼山町1)】で行います。

ページの先頭へ