放送大学面接授業|( 神奈川学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターごとの面接授業のご案内 > 神奈川学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2426730 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

基礎科目 | 初めて使うコンピュータ

科目区分

/



2015年11月08日(日)第1時限 10:00~11:25
基礎科目 2015年11月08日(日)第2時限 11:40~13:05
科目コード 2015年11月08日(日)第3時限 14:10~15:35
2426730 2015年11月08日(日)第4時限 15:50~17:15
開設学習センター 2015年11月15日(日)第1時限 10:00~11:25
神奈川学習センター ( 14A ) 2015年11月15日(日)第2時限 11:40~13:05
科目名 2015年11月15日(日)第3時限 14:10~15:35
初めて使うコンピュータ 2015年11月15日(日)第4時限 15:50~17:15
担当講師 授業概要
足立 武彦
(横浜国立大学教授)
長谷川 紀幸
(横浜国立大学技術専門職員)

【授業内容】
 近年、インターネットが急速に普及し、日常生活のさまざまな場面で接する機会が多くなってきました。放送大学でも、昨年、キャンパス・ネットワーク・ホームページがリニューアルされ、インターネットを利用した学習機会が増えています。この授業は、これまでパソコンを使ったことがない方、パソコンにまだ慣れていない方、インターネットを利用したことがない方を対象にしたパソコンの入門講座です。キーボードやマウスの練習から、インターネットを利用した放送大学の基本的なサービスの使い方まで、楽しく、時には苦しく練習して、パソコンの初歩的な使い方を覚えましょう。

【授業テーマ】

  • 第1回 パソコンを使うための準備体操(キーボードとマウスの使い方)
  • 第2回 パソコンを見やすく、使いやすく(利用環境の設定や整備)
  • 第3回 パソコンでお絵描きに挑戦(ペイントソフトによるマウスの練習)
  • 第4回 パソコンで自己紹介(漢字の入力練習)
  • 第5回 インターネットにアクセス(webページの閲覧や検索)
  • 第6回 放送大学キャンパス・ネットワーク・ホームページの利用
  • 第7回 パソコンで放送授業のノートをとってみよう
  • 第8回 まとめと演習(復習と力だめし)

【学生へのメッセージ】
・目標は「放送大学キャンパス・ネットワーク・ホームページを利用できるようになること」です。
・面接授業日までに、放送授業科目「遠隔学習のためのパソコン活用('13)」の第1回および第2 回放送授業を視聴しておくと、授業の理解に効果的です。

【受講者が当日用意するもの】
 学生証
授業でパソコンを利用する際の手続きに必要となります。必ずご持参してください。

成績評価の方法
成績評価は出席状況及び学習状況等を総合的に判断して行います。
クラス 教科書
K
授業当日にプリントを配付します。
定員 参考書
26名 ・たくさがわ先生が教える パソコン超入門の本 <Windows7対応>(たくさがわつねあき/技術評論社/¥1,382/ISBN=9784774155112)
最新版はWindows8用です。授業で使うコンピュータ環境に沿ったものとしては、「Windows7対応」のものを購入してください。
・遠隔学習のためのパソコン活用('13)(三輪眞木子、秋光淳生/放送大学教育振興会/¥3,348/ISBN=9784595314407)
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「 共通科目 」に該当します。【留意事項1】
既にインターネットを閲覧することができる人、マイクロソフトのワードやエクセルなどのオフィスソフトを利用している人は本科目の対象外です。そのような方は、放送大学UPO-NET科目「PC入門」を受講してスキルアップに役立ててください。UPO-NETは放送大学キャンパス・ネットワーク・ホームページから利用できます。   
【留意事項2】
今までに一度もパソコンを使ったことがない方は、神奈川学習センター学生サポートグループのパソコン講習会を事前に受けておくと、スムーズに授業を受講できるようになります。この講習会は「パソコンの入門の入門」となっています。

ページの先頭へ