放送大学面接授業|( 沖縄学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターの面接授業のご案内 > 沖縄学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2446855 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

専門科目:生活と福祉 | 児童虐待の理解と対応

科目区分

/



2016年06月04日(土)第1時限 10:00~11:25
2016年06月04日(土)第2時限 11:35~13:00
2016年06月04日(土)第3時限 13:50~15:15
2016年06月04日(土)第4時限 15:25~16:50
2016年06月05日(日)第1時限 10:00~11:25
2016年06月05日(日)第2時限 11:35~13:00
2016年06月05日(日)第3時限 13:50~15:15
2016年06月05日(日)第4時限 15:25~16:50
専門科目:生活と福祉
科目コード
2446855
開設学習センター
沖縄学習センター ( 47A )
ナンバリング
320
科目名
児童虐待の理解と対応
担当講師 授業概要
本村 真
(琉球大学法文学部教授)

【授業内容】
 本講義においては、児童虐待を「理解」するために、児童虐待の種類、その児童への影響、虐待の発生要因としてのトラウマ等に関する理解を深めます。その理解をベースに、「対応」に関しては、児童相談所等の機関との連携方法や保護者や児童の特長を理解し、支援者としての話し合いのスキルの基礎を、ロールプレイ等を通して身につけていきます。

【授業テーマ】

  • 第1回 児童虐待への対応に関する基本事項 1
  • 第2回 児童虐待への対応に関する基本事項 2
  • 第3回 トラウマについて 1
  • 第4回 トラウマについて 2
  • 第5回 保護者への対応
  • 第6回 虐待的環境にある児童の理解と対応 1
  • 第7回 虐待的環境にある児童の理解と対応 2
  • 第8回 まとめ

【学生へのメッセージ】
 児童虐待について初めて学ぶ方でも理解できるような内容です。対応に関しては、子ども達の安全を確保するために一般市民として実践可能な方法を中心に講義と演習を進めます。

【受講者が当日用意するもの】

成績評価の方法
成績評価は出席状況及び学習状況等を総合的に判断して行います。
クラス 教科書
K
授業当日にプリントを配付します。
定員 参考書
21名
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「 専門科目:生活と福祉 」に該当します。 この科目は旧専攻「専門科目:生活と福祉」に該当します。

ページの先頭へ