放送大学面接授業|( 沖縄学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターの面接授業のご案内 > 沖縄学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2446820 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

導入科目:自然と環境 | 相対性理論の基礎

科目区分

/



2016年05月07日(土)第1時限 10:00~11:25
2016年05月07日(土)第2時限 11:35~13:00
2016年05月07日(土)第3時限 13:50~15:15
2016年05月07日(土)第4時限 15:25~16:50
2016年05月08日(日)第1時限 10:00~11:25
2016年05月08日(日)第2時限 11:35~13:00
2016年05月08日(日)第3時限 13:50~15:15
2016年05月08日(日)第4時限 15:25~16:50
導入科目:自然と環境
科目コード
2446820
開設学習センター
沖縄学習センター ( 47A )
ナンバリング
220
科目名
相対性理論の基礎
担当講師 授業概要
仲座 栄三
(琉球大学工学部教授)

【授業内容】
 理系でなくとも一度は耳にしたことがある「相対性理論」、その基礎について学びます。相対性理論の中でも特殊相対性理論が主となります。その主要部分は、中学程度で習う数学で表されています。しかし、これを学ぶ醍醐味は数式の誘導ではなく、むしろ、その誘導過程に必要とされる科学的思考にあります。相対性理論は、カーナビGPSを始めとして日常生活にも深く関わっています。希有なこの科学的財宝を探求することは今日必須といえます。

【授業テーマ】

  • 第1回 相対性理論の概要
  • 第2回 相対性理論に至る歴史的背景
  • 第3回 相対性理論の基礎
  • 第4回 相対性理論の誘導
  • 第5回 相対性理論の実証に挑んだ実験の数々
  • 第6回 輝く星の観測と相対性理論
  • 第7回 科学的思考のトレーニング
  • 第8回 まとめ

【学生へのメッセージ】
 科学史上に輝く相対性理論をただ耳にするだけで、この人生を終えるのは実にもったいない。相対性理論に触れた後の自分の科学的思考の深淵さを実感していただきたい。

【受講者が当日用意するもの】

成績評価の方法
成績評価は出席状況及び学習状況等を総合的に判断して行います。
クラス 教科書
K
授業当日にプリントを配付します。
定員 参考書
50名 ・新・相対性理論(仲座栄三/ボーダーイング/¥2,200/ISBN=9784899822851)
※各自、書店・インターネット等で事前に購入してください。入手に時間がかかる場合がありますので、早めの注文をお勧めします。
その他(特記事項)
この科目は2009~2015年度「共通科目」、2008年度以前「共通科目」に該当します。

ページの先頭へ