放送大学面接授業|( 三重学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターの面接授業のご案内 > 三重学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2442892 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

専門科目:人間と文化 | YUBAメソッドで歌上手

科目区分

/



2016年07月09日(土)第1時限 09:45~11:10
2016年07月09日(土)第2時限 11:20~12:45
2016年07月09日(土)第3時限 13:35~15:00
2016年07月09日(土)第4時限 15:10~16:35
2016年07月10日(日)第1時限 09:45~11:10
2016年07月10日(日)第2時限 11:20~12:45
2016年07月10日(日)第3時限 13:35~15:00
2016年07月10日(日)第4時限 15:10~16:35
専門科目:人間と文化
科目コード
2442892
開設学習センター
三重学習センター ( 24A )
ナンバリング
320
科目名
YUBAメソッドで歌上手
担当講師 授業概要
弓場 徹
(三重大学教育学部・教授 )

【授業内容】
 「気持ちよく歌いたい」、「いい声で話したい」、「音域を広げたい」、「高い声を楽に出したい」、「オンチを直したい」、「声量を出したい」など。YUBAメソッドで声帯をコントロールする「歌う筋肉」を鍛え、音源レベルからファインチューニングすることで、洗練された声作りが可能になります。また、発声原理や実際の歌への応用方法などを学び、レベルアップした自分の歌声を実感しましょう。

【授業テーマ】

  • 第1回 YUBAメソッドの概略:ウラ声とオモテ声の出し分けと行き来
  • 第2回 YUBA理論:上手く歌うための「新発声理論」とは
  • 第3回 YUBAメソッドのミックスボイスで獲得できる「6つの歌唱発声能力」
  • 第4回 YUBAメソッドの実践:歌唱・発話発声能力の向上:快適に歌える声づくり、明瞭な発音とよく通る声など
  • 第5回 YUBAメソッド基礎発声と歌唱への応用1:日本の歌を上手く歌おう 「上を向いて歩こう」(日英)
  • 第6回 YUBAメソッドの歌唱への応用2:外国の歌を上手く歌おう「Amazing grace」「Imagine」(曲は変更される可能性があります)
  • 第7回 YUBAメソッドによる治療教育:教育することが治療になる!とは
  • 第8回 YUBAメソッドの歌唱への応用3:みんなでハモろう“大合唱”

【学生へのメッセージ】
積極的に参加する姿勢で、開放的に気持ちよく声を出してください。授業中分からないことがあるときには躊躇することなく、手をあげ質問してください。歌の苦手な方も得意な方も大歓迎です。

【受講者が当日用意するもの】
喉の部分が楽(男性はノーネクタイ)で、手を振ったり足踏みしやすい格好でご参加ください。水かお茶と汗を拭くものをご持参ください。筆記用具

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
K ・改訂 奇跡のボイストレーニングBOOK (弓場 徹 /主婦の友社 /¥2,484/ISBN=9784072914342)
当日センターで購入できますので、希望者は予約してください。
定員 参考書
100名
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「 専門科目:人間の探究 」に該当します。 カラオケJOYSOUND「YUBAメソッド〈のど鳴らし〉」で、オモテ声とウラ声の出し分けと行き来のトレーニングをしておいて頂ければ、授業での発声しやすくなると思います。
できるだけ、各自がウラ声とオモテ声(地声)を分けて発声できるようにして授業に参加してください。

ページの先頭へ