放送大学面接授業|( 東京文京学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターの面接授業のご案内 > 東京文京学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2439700 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

専門科目:自然と環境 | ナノテクノロジーの環境生態影響

科目区分

/



2016年05月29日(日)第1時限 10:00~11:25
2016年05月29日(日)第2時限 11:40~13:05
2016年06月05日(日)第1時限 10:00~11:25
2016年06月05日(日)第2時限 11:40~13:05
2016年06月19日(日)第1時限 10:00~11:25
2016年06月19日(日)第2時限 11:40~13:05
2016年06月26日(日)第1時限 10:00~11:25
2016年06月26日(日)第2時限 11:40~13:05
専門科目:自然と環境
科目コード
2439700
開設学習センター
東京文京学習センター ( 13B )
ナンバリング
320
科目名
ナノテクノロジーの環境生態影響
担当講師 授業概要
入江 美代子
(元東京理科大学総合研究機構客員研究員)

【授業内容】
近年、加工技術の進歩によりナノスケール(1-100nm:1nmは 10億分の1メートル)の物質はナノ材料またはナノ粒子と定義され、化粧品(日焼け止め、スキンクリーム)、医薬品(歯磨き粉、抗菌剤、造影剤、インプラント)、家庭用品(臭気除去剤、ガラス用クリーナー)など私たちの身の回りで多く使用されています。これらの製品に利用されているナノ材料は小さくなるにつれて、単位質量あたりの表面積(比表面積)が増大し、一度に多くの分子が粒子表面で反応することができ処理量が増加します。これらのナノ粒子は知らない間に体内に取り込まれ、様々な臓器に容易に移行、蓄積して悪影響を及ぼす可能性が示唆されています。本講義では個々のナノ材料の特徴と影響について最近の研究報告を紹介します。

【授業テーマ】

  • 第1回 ナノテクノロジーとは?
  • 第2回 ナノ材料の形態と製造方法
  • 第3回 ナノ材料の確認方法
  • 第4回 ナノ粒子の動物への影響
  • 第5回 ナノ粒子の植物への影響
  • 第6回 ナノ粒子の水生動物への影響
  • 第7回 ナノ材料に対する諸外国の取り組み
  • 第8回 ナノ産業の発展のメリット・デメリットを考える。

【学生へのメッセージ】
予備知識は特にありません。ナノ粒子について関心を持っていただければと思います。

【受講者が当日用意するもの】

成績評価の方法
成績評価は出席状況及び学習状況等を総合的に判断して行います。
クラス 教科書
K
授業当日にプリントを配付します。
定員 参考書
43名
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「 専門科目:自然の理解 」に該当します。

ページの先頭へ