放送大学面接授業|( 東京文京学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターの面接授業のご案内 > 東京文京学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2438313 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

基盤科目:外国語 | 総合韓国語(初級から中級へ)

科目区分

/



2016年04月23日(土)第1時限 10:00~11:25
2016年04月23日(土)第2時限 11:40~13:05
2016年04月23日(土)第3時限 14:10~15:35
2016年04月23日(土)第4時限 15:50~17:15
2016年04月24日(日)第1時限 10:00~11:25
2016年04月24日(日)第2時限 11:40~13:05
2016年04月24日(日)第3時限 14:10~15:35
2016年04月24日(日)第4時限 15:50~17:15
基盤科目:外国語
科目コード
2438313
開設学習センター
東京文京学習センター ( 13B )
ナンバリング
120
科目名
総合韓国語(初級から中級へ)
担当講師 授業概要
李 文淑
(東京理科大学非常勤講師)

【授業内容】
この授業は、初級から中級に上がる準備段階の授業です。発音、語彙、読解、文法、作文まで総合的に復習・予習します。まずは、正しく読めているかを確認します。次に、語彙を増やして、その使い方をしっかり覚えます。また、書いてある文の内容を理解し、次の内容まで推理することに挑戦します。それから、読解に必要な文法を学習し、最後には自分の言葉で作文をします。このように、分野を分けて韓国語の実力アップを目指します。

【授業テーマ】

  • 第1回 発音(単語、句、文章を読みながら発音の問題点を見つける)
  • 第2回 語彙(1)(数え方、類義語、反対語、指示詞)
  • 第3回 文の理解(事実と意見、内容まとめ、文のテーマ探し)
  • 第4回 作文(1)(文を読んでその続きを想像して書く)
  • 第5回 分かち書き
  • 第6回 語彙(2)(接続詞、多義語、敬語)
  • 第7回 読解
  • 第8回 作文(2)(自分の言葉で文を作る)

【学生へのメッセージ】
この授業は初級が終わった学生を対象にするものです。読み書きはもちろん文法的な知識も求められます。入門が終わった学生は、受けても構いませんが、高レベルであることを覚悟してください。

【受講者が当日用意するもの】
韓国語の辞書を準備してください。

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
K
教科書は使用しません。
定員 参考書
30名
その他(特記事項)
この科目は2009~2015年度「共通科目:外国語」、2008年度以前「共通科目:外国語」に該当します。

ページの先頭へ