放送大学面接授業|( 東京文京学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターの面接授業のご案内 > 東京文京学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2439557 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

専門科目:人間と文化 | 米国社会での草の根の市民運動

科目区分

/



2016年07月03日(日)第1時限 10:00~11:25
2016年07月03日(日)第2時限 11:40~13:05
2016年07月10日(日)第1時限 10:00~11:25
2016年07月10日(日)第2時限 11:40~13:05
2016年07月10日(日)第3時限 14:10~15:35
2016年07月17日(日)第1時限 10:00~11:25
2016年07月17日(日)第2時限 11:40~13:05
2016年07月17日(日)第3時限 14:10~15:35
専門科目:人間と文化
科目コード
2439557
開設学習センター
東京文京学習センター ( 13B )
ナンバリング
320
科目名
米国社会での草の根の市民運動
担当講師 授業概要
愛甲 雄一
(専修大学兼任講師)

【授業内容】
本講義では、英語による様々なスピーチを教材として活用しつつ、反人種差別運動・フェミニズム運動・平和運動に焦点を当てて、アメリカにおける草の根の市民運動について学習します。講師による講義の他、各スピーチの内容やその背景などを受講者がレポートし、さらにそのスピーチを音読する時間も設けます。したがって中級以上の英語力、とりわけリーディング力が、本講義の受講には必須となります。

【授業テーマ】

  • 第1回 イントロダクション:アメリカ社会と草の根の市民運動
  • 第2回 反人種差別運動(1)
  • 第3回 反人種差別運動(2)
  • 第4回 フェミニズム運動(1)
  • 第5回 フェミニズム運動(2)
  • 第6回 平和運動(1)
  • 第7回 平和運動(2)
  • 第8回 まとめ

【学生へのメッセージ】
事前に英語スピーチの内容や背景を調べてくることが「宿題」となります。いわゆる「英会話」力は必要ありませんが、そもそもパフォーマンスに他ならない英語スピーチのその息吹を、本授業では感じ取ってもらえたら、と思います。

【受講者が当日用意するもの】
使い慣れた英和辞書(電子辞書も可)

成績評価の方法
成績評価は出席状況及び学習状況等を総合的に判断して行います。
クラス 教科書
K
授業当日にプリントを配付します。
定員 参考書
24名
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「 専門科目:人間の探究 」に該当します。

ページの先頭へ