放送大学面接授業|( 東京文京学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターの面接授業のご案内 > 東京文京学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2439638 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

専門科目:自然と環境 | 数値計算とシミュレーション

科目区分

/



2016年04月16日(土)第3時限 14:10~15:35
2016年04月16日(土)第4時限 15:50~17:15
2016年04月17日(日)第1時限 10:00~11:25
2016年04月17日(日)第2時限 11:40~13:05
2016年04月23日(土)第3時限 14:10~15:35
2016年04月23日(土)第4時限 15:50~17:15
2016年04月24日(日)第1時限 10:00~11:25
2016年04月24日(日)第2時限 11:40~13:05
専門科目:自然と環境
科目コード
2439638
開設学習センター
東京文京学習センター ( 13B )
ナンバリング
320
科目名
数値計算とシミュレーション
担当講師 授業概要
河村 哲也
(お茶の水女子大学教授)

【授業内容】
自然現象を解析する場合、現象に対する物理モデルをつくり、それを数式で表現します。数式は複雑な微分方程式で表されることが多く、数学的な方法では手に負えないことが普通です。自然現象の数値シミュレーションではそのような微分方程式をコンピューターで近似的に解いて解を求めます。本科目では数値シミュレーションに必要な数値計算法を講義し、次に具体的に拡散現象や波動現象、そして流体現象のシミュレーションを紹介します。

【授業テーマ】

  • 第1回 数値計算の基礎
  • 第2回 連立1次方程式の解法
  • 第3回 関数の近似と数値積分
  • 第4回 微分方程式の数値解法
  • 第5回 拡散現象の数値シミュレーション
  • 第6回 波動現象の数値シミュレーション
  • 第7回 流体現象の数値シミュレーションその1
  • 第8回 流体現象の数値シミュレーションその2

【学生へのメッセージ】
高校程度の数学・物理の知識があることが望ましいです。

【受講者が当日用意するもの】
特にありません

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
K
教科書は使用しません。
定員 参考書
48名 ・数値計算入門(河村哲也/サイエンス社/¥1,728/ISBN=9784781911267)
・数値シミュレーション入門(河村哲也/サイエンス社/¥2,160/ISBN=9784781911342)
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「 専門科目:自然の理解 」に該当します。

ページの先頭へ