放送大学面接授業|( 東京文京学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターの面接授業のご案内 > 東京文京学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2438852 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

専門科目:生活と福祉 | アンドロロジー・男性生殖機能

科目区分

/



2016年05月14日(土)第1時限 10:00~11:25
2016年05月14日(土)第2時限 11:40~13:05
2016年05月14日(土)第3時限 14:10~15:35
2016年05月14日(土)第4時限 15:50~17:15
2016年05月15日(日)第1時限 10:00~11:25
2016年05月15日(日)第2時限 11:40~13:05
2016年05月15日(日)第3時限 14:10~15:35
2016年05月15日(日)第4時限 15:50~17:15
専門科目:生活と福祉
科目コード
2438852
開設学習センター
東京文京学習センター ( 13B )
ナンバリング
320
科目名
アンドロロジー・男性生殖機能
担当講師 授業概要
藤ノ木 政勝
(獨協医科大学・准教授)

【授業内容】
 男性生殖機能について、ヒトおよび哺乳動物における「①男性ホルモンの産生と作用機序」、「②性的興奮と反射」、「③精子形成と精子および精液の機能」について、その基本的な概要を解説します。また男性生殖機能の異常や低下が引き起こす性分化異常や男性不妊、男性更年期についても、基本事項と絡めてその都度概要の解説を盛り込みます。
成績評価は、出席および各授業の最後で行う小テストの結果を参考に 判断します。

【授業テーマ】

  • 第1回 内分泌についての基礎
  • 第2回 男性ホルモンの産生と作用機序 概略
  • 第3回 男性ホルモンの産生と作用機序 一次性徴
  • 第4回 男性ホルモンの産生と作用機序 二次性徴
  • 第5回 性的興奮と反射
  • 第6回 精子形成
  • 第7回 哺乳類精子の機能(運動と受精能獲得)
  • 第8回 精液の性状と機能

【学生へのメッセージ】
私達自身の体で起こっている(起こってきた)事として意識して授業に望んでもらえたらと思います。それと同時に「性」の不安定さや脆さ、そして絶妙なバランスの上に成り立っている事を理解してもらえたらと思います。

【受講者が当日用意するもの】

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、試験の評点により行います。
クラス 教科書
K
授業当日にプリントを配付します。
定員 参考書
43名
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「 専門科目:生活と福祉 」に該当します。

ページの先頭へ