放送大学面接授業|( 東京文京学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターの面接授業のご案内 > 東京文京学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2439778 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

専門科目:自然と環境 | 生命倫理、いのちの始まりの問題

科目区分

/



2016年07月16日(土)第1時限 10:00~11:25
2016年07月16日(土)第2時限 11:40~13:05
2016年07月16日(土)第3時限 14:10~15:35
2016年07月16日(土)第4時限 15:50~17:15
2016年07月17日(日)第1時限 10:00~11:25
2016年07月17日(日)第2時限 11:40~13:05
2016年07月17日(日)第3時限 14:10~15:35
2016年07月17日(日)第4時限 15:50~17:15
専門科目:自然と環境
科目コード
2439778
開設学習センター
東京文京学習センター ( 13B )
ナンバリング
320
科目名
生命倫理、いのちの始まりの問題
担当講師 授業概要
香川 知晶
(山梨大学教授)

【授業内容】
生命倫理として議論されてきているさまざまな問題のうちから、人間の誕生の場面の典型的な問題をいくつか取り上げ、できるだけ具体的に背景を理解するように努めながら、考えていきます。取り上げる問題はいずれも医療に関わるものですが、広く現代社会における科学技術のもつ問題点を示す典型的な例でもあります。問題を通して、現代社会における科学技術のあり方を考える手がかりを得ることを目指したいと考えています。

【授業テーマ】

  • 第1回 生命倫理、最初の問題とその特徴:資源配分論
  • 第2回 生命倫理、第二の問題:重度障害新生児の治療停止
  • 第3回 生命の始まりをめぐる問題(1):胎児診断技術と人工妊娠中絶
  • 第4回 生命の始まりをめぐる問題(2):新型出生前診断
  • 第5回 検査技術をめぐる問題:遺伝子診断
  • 第6回 生命の始まりをめぐる問題(3):生殖技術の展開、AID
  • 第7回 生命の始まりをめぐる問題(4):体外受精技術
  • 第8回 生命の始まりをめぐる問題(5):代理出産

【学生へのメッセージ】
聴講に特別な条件はありません。講義で取り上げる問題の背景を理解し、自分で考える姿勢が求められます。

【受講者が当日用意するもの】

成績評価の方法
成績評価は出席状況及び学習状況等を総合的に判断して行います。
クラス 教科書
K
授業当日にプリントを配付します。
定員 参考書
43名 ・命は誰のものか(香川知晶/ディスカヴァートゥエンティワン/¥1,000/ISBN=9784887597341)
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「 専門科目:自然の理解 」に該当します。

ページの先頭へ