放送大学面接授業|( 東京文京学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターの面接授業のご案内 > 東京文京学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2438739 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

導入科目:自然と環境 | 地球環境の実態

科目区分

/



2016年06月18日(土)第1時限 10:00~11:25
2016年06月18日(土)第2時限 11:40~13:05
2016年06月18日(土)第3時限 14:10~15:35
2016年06月18日(土)第4時限 15:50~17:15
2016年06月19日(日)第1時限 10:00~11:25
2016年06月19日(日)第2時限 11:40~13:05
2016年06月19日(日)第3時限 14:10~15:35
2016年06月19日(日)第4時限 15:50~17:15
導入科目:自然と環境
科目コード
2438739
開設学習センター
東京文京学習センター ( 13B )
ナンバリング
220
科目名
地球環境の実態
担当講師 授業概要
武田 康男
(放送大学非常勤講師)

【授業内容】
日本や世界の自然環境は、自然変動や人間の影響など、さまざまな要因で変化しています。南極観測隊員として探った極地の自然環境や、日本や世界の大気環境、気象災害、地表の変化などのテーマを扱い、それらが人間にどう影響しているかを、自ら撮った写真・映像や、最新のニュースなどを取り入れ、地球環境の実態を認識します。また、それらついて学生から意見を述べてもらいます。

【授業テーマ】

  • 第1回 南極の自然(1)(南極・昭和基地の気象、雪氷、地形など)
  • 第2回 南極の自然(2)(南極・昭和基地のオーロラ、動物、越冬生活など)
  • 第3回 極地の環境(南極と北極の違いについて)
  • 第4回 大気の環境(1)(空の光、雲の特徴について)
  • 第5回 大気の環境(2)(風と降水、天気予報について)
  • 第6回 大気の環境(3)(気象災害、大気汚染について)
  • 第7回 地表の環境(地表面の変化について)
  • 第8回 地球環境問題、まとめ

【学生へのメッセージ】
さまざまな地球環境について、関心を持って意欲的に学ぶとともに、地球環境について意見を述べてもらいます。

【受講者が当日用意するもの】

成績評価の方法
成績評価は出席状況及び学習状況等を総合的に判断して行います。
クラス 教科書
K
教科書は使用しません。
定員 参考書
78名
その他(特記事項)
この科目は2009~2015年度「共通科目」、2008年度以前「共通科目」に該当します。

ページの先頭へ