放送大学面接授業|( 東京文京学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターの面接授業のご案内 > 東京文京学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2439476 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

専門科目:人間と文化 | 古代エジプトの歴史:新王国時代

科目区分

/



2016年06月04日(土)第1時限 10:00~11:25
2016年06月04日(土)第2時限 11:40~13:05
2016年06月04日(土)第3時限 14:10~15:35
2016年06月04日(土)第4時限 15:50~17:15
2016年06月05日(日)第1時限 10:00~11:25
2016年06月05日(日)第2時限 11:40~13:05
2016年06月05日(日)第3時限 14:10~15:35
2016年06月05日(日)第4時限 15:50~17:15
専門科目:人間と文化
科目コード
2439476
開設学習センター
東京文京学習センター ( 13B )
ナンバリング
320
科目名
古代エジプトの歴史:新王国時代
担当講師 授業概要
深谷 雅嗣
(放送大学非常勤講師)

【授業内容】
国家神アメン・ラー、王家の谷、最大版図、アマルナ宗教改革、大王ラムセスなど、新王国時代は、古代エジプトが興隆を極めた時代です。当時の中心地テーベは、世界最大の都市と考えられ、人、モノ、信仰が集まる拠点でした。王の系譜を辿る王朝史の枠組みで語られがちですが、本授業では、テーベの都市景観を基軸にし、それを形成した政治、宗教、社会的背景を考えながら、第18王朝から第20王朝までの歴史を学んでいきます。

【授業テーマ】

  • 第1回 エジプトの地理、風土、略史
  • 第2回 第18王朝 (1) 勃興~ハトシェプスト女王時代
  • 第3回 第18王朝 (2) トトメス3世~アメンヘテプ3世時代
  • 第4回 第18王朝 (3) アメンヘテプ4世(アクエンアテン)~ホルエムヘブ時代
  • 第5回 第19王朝 (1) ラムセス1世~ラムセス2世時代
  • 第6回 第19王朝 (2) メルエンプタハ~タウセレト女王時代
  • 第7回 第20王朝 (1) セトナクト~ラムセス3世時代
  • 第8回 第20王朝 (2) ラムセス4世時代~崩壊

【学生へのメッセージ】
本授業は、2015年2学期に開講された「古代エジプトの宗教」を歴史学の観点から補完、あるいは今後、新たに設けられる授業への基礎学習の場と位置付けています。受講に当たって、予備知識は必要ありません。多様で高度に洗練された文化が花開いた3500年前の世界を旅しつつ、人類遺産としての古代エジプト史を見つめる視点を養いたいと考えています。

【受講者が当日用意するもの】

成績評価の方法
成績評価は出席状況及び学習状況等を総合的に判断して行います。
クラス 教科書
K
授業当日にプリントを配付します。
定員 参考書
43名 ・エジプト王国三千年、興亡とその精神(吉成薫/講談社/¥1,836/ISBN=9784062581905)
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「 専門科目:人間の探究 」に該当します。

ページの先頭へ