放送大学面接授業|( 東京文京学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターの面接授業のご案内 > 東京文京学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2439565 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

専門科目:人間と文化 | 生田流箏曲-理論と実践-

科目区分

/



2016年07月07日(木)第2時限 11:40~13:05
2016年07月07日(木)第3時限 14:10~15:35
2016年07月08日(金)第2時限 11:40~13:05
2016年07月08日(金)第3時限 14:10~15:35
2016年07月14日(木)第2時限 11:40~13:05
2016年07月14日(木)第3時限 14:10~15:35
2016年07月15日(金)第2時限 11:40~13:05
2016年07月15日(金)第3時限 14:10~15:35
専門科目:人間と文化
科目コード
2439565
開設学習センター
東京文京学習センター ( 13B )
ナンバリング
320
科目名
生田流箏曲-理論と実践-
担当講師 授業概要
安藤 政輝
(元東京藝術大学教授)

【授業内容】
箏(こと)は、日本の伝統的な楽器の代表的なもので、その音色の美しさは「心の琴線に触れる」と言われてきました。箏に実際に触れることによって、日本の伝統音楽、伝統文化への理解が深まることでしょう。
 「さくら」を教材として箏の基礎奏法を学び、合奏に進みます。実技レッスンに並行して、箏の楽器・奏法・調絃法・歴史等について学びます。
 全く初めて箏に触る方から専門としている方まで、レベルに応じて受講が可能です。

【授業テーマ】

  • 第1回 邦楽とは、箏と琴、楽器/【鑑賞】、楽器の取り扱い、座り方、爪のはめ方~
  • 第2回 箏糸、付属品/「さくら」主題
  • 第3回 いろいろな奏法/「さくら」前奏、変奏①(合わせ爪、ピチカート)
  • 第4回 調絃法、音律/「さくら」変奏②(トテトテ)
  • 第5回 楽譜の種類/「さくら」変奏③(掻き爪、割り爪)、後奏
  • 第6回 箏の歴史(1)/「さくら」変奏④(スクイ爪)⑤(コーロリン)
  • 第7回 箏の歴史(2)/「さくら」変奏⑥(トレモロ、裏連)⑦(十六分音符)
  • 第8回 箏の歴史(3)/「さくら」合奏

【学生へのメッセージ】
楽器は本学で用意しますので持参の必要はありません。実技レッスンは、椅子に腰かけて(立奏)行い、昼休みには自由に練習ができます。自宅に楽器がなくても受講可能です。
 なお、講義・実技レッスンの録音・録画は許可しません。

【受講者が当日用意するもの】
生田流の四角い爪(象牙製)〔初日に購入(5,300円)又は借用(2,000円)ができます。〕、筆記用具。

成績評価の方法
成績評価は出席状況及び学習状況等を総合的に判断して行います。
クラス 教科書
K ・箏基礎奏法学習のための さくら~主題と変奏~(安藤政輝/甲楽出版/¥756)
楽譜のためISBNは取得していません。
amazonで購入またはkouraku@kisoukai.orgへメールで問合せを。
定員 参考書
12名 ・『DVD 授業で役立つ和楽器入門講座 箏~さくらを弾きましょう~』(安藤政輝/(公財)日本伝統文化振興財団/¥9,720/ISBN=4519239016288)
amazonで購入またはkouraku@kisoukai.orgへメールで問合せを。
・『生田流の箏曲(第14刷)』(安藤政輝/講談社/¥6,696/ISBN=4062002507)
amazonで購入またはkouraku@kisoukai.orgへメールで問合せを。
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「 専門科目:人間の探究 」に該当します。講師は、宮城道雄の最後の弟子で元東京藝術大学教授。
ホームページは http://h2.dion.ne.jp/~masando/

ページの先頭へ