放送大学面接授業|( 東京文京学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターの面接授業のご案内 > 東京文京学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2438240 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

基盤科目 | 初めての生物学実験

科目区分

/



2016年06月18日(土)第1時限 10:00~11:25
2016年06月18日(土)第2時限 11:40~13:05
2016年06月18日(土)第3時限 14:10~15:35
2016年06月18日(土)第4時限 15:50~17:15
2016年06月19日(日)第1時限 10:00~11:25
2016年06月19日(日)第2時限 11:40~13:05
2016年06月19日(日)第3時限 14:10~15:35
2016年06月19日(日)第4時限 15:50~17:15
基盤科目
科目コード
2438240
開設学習センター
東京文京学習センター ( 13B )
ナンバリング
120
科目名
初めての生物学実験
担当講師 授業概要
奥野 誠
(放送大学客員准教授)
野副 朋子
(明治学院大学専任講師)

【授業内容】
“自然”はただ傍観しているだけではその本質を見せてはくれません。何かを働きかけることによって初めてその秘密を見せてくれます。この働きかけこそが“実験”であり、この知的努力によって得られる喜びこそが自然科学を発展させてきた原動力です。「初めての生物学実験」は生き物を対象とし、“実験”を体験したことのない方でも、授業テーマに示すような実験を楽しみながら、生物学の基礎を学べるように工夫されています。

【授業テーマ】

  • 第1回 光学顕微鏡の使い方と植物細胞の観察
  • 第2回 実体顕微鏡の使い方と動物細胞の観察
  • 第3回 ゾウリムシの細胞構造の観察、食胞や収縮胞の機能の理解(1)
  • 第4回 ゾウリムシの細胞構造の観察、食胞や収縮胞の機能の理解(2)
  • 第5回 生化学実験、その基本操作
  • 第6回 生化学実験、その応用実験
  • 第7回 抽出タンパク質の濃度測定(1)
  • 第8回 抽出タンパク質の濃度測定(2)

【学生へのメッセージ】
・実際に自分で実験に参加すると、なかなかおもしろいものです。
・授業開始までにテキストに目を通しておいてください。

【受講者が当日用意するもの】
ノート、筆記具、白衣或いは汚れてもよい服、その他必要に応じて辞書、電卓、老眼鏡など

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
K ・初めての生物学実験(馬場昭次、加藤美砂子、鈴木美穂、最上善広、山野春子/放送大学/¥0/ISBN=なし)
「放送大学面接授業 初めての生物学実験 テキスト」(履修登録後に配付予定、ただし印刷が間に合わない場合は、当日配付)
定員 参考書
16名
その他(特記事項)
この科目は2009~2015年度「基礎科目」、2008年度以前「共通科目」に該当します。※「学生教育研究災害研究保険」加入者を対象としていますので、未加入の方は必ず前日までに最寄の学習センターにて加入してください。

ページの先頭へ