放送大学面接授業|( 東京文京学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターの面接授業のご案内 > 東京文京学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2438429 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

基盤科目:外国語 | 英語スピーチ入門

科目区分

/



2016年06月18日(土)第1時限 10:00~11:25
2016年06月18日(土)第2時限 11:40~13:05
2016年06月18日(土)第3時限 14:10~15:35
2016年06月18日(土)第4時限 15:50~17:15
2016年07月02日(土)第1時限 10:00~11:25
2016年07月02日(土)第2時限 11:40~13:05
2016年07月02日(土)第3時限 14:10~15:35
2016年07月02日(土)第4時限 15:50~17:15
基盤科目:外国語
科目コード
2438429
開設学習センター
東京文京学習センター ( 13B )
ナンバリング
120
科目名
英語スピーチ入門
担当講師 授業概要
関川 洋子
(立教大学兼任講師)

【授業内容】
簡単な英会話はできるようになったが、少しまとまった話を英語でするのは難しいと思ったことはありませんか。この面接授業では、クラスメートを紹介する、お気に入りの場所について説明する、アンケート調査の分析結果を報告する、社会問題について自分の意見を述べるなど、平素あまり学ぶ機会のない「英語でプレゼンテーションをする」ことを学習します。話の始め方(Introduction)、本論の組み立て方(Body)、結論の論じ方(Conclusion)など、日英談話構造を比較しながら、DVDでいくつかの例を視聴し、実際に簡単な練習をしてみます。また、効果的なアイコンタクト、ジェスチャー、音声の用い方、パワーポイントを用いた視覚資料の併用方法も実習します。

【授業テーマ】

  • 第1回 アイコンタクト・ジェスチャー・音声の使い方
  • 第2回 練習1 クラスメートの紹介(情報を整理して話す)
  • 第3回 序論・本論・結論の組み立て方(日英談話構造の比較)
  • 第4回 練習2 お気に入りの場所の紹介(分かりやすく話す)
  • 第5回 根拠・理由の示し方、視覚資料の用い方
  • 第6回 練習3 アンケート調査の分析結果発表(グラフを用いて説明する)
  • 第7回 練習4 社会問題について意見を述べる、聴衆の質問に答える
  • 第8回 まとめ

【学生へのメッセージ】
グローバル化が進む今日、各所で英語プレゼンテーション学習が盛んに行われています。本授業は入門コースですので、対象は初級上から中級の英語学習者です。英語スピーチに慣れていない方も歓迎しますので、是非体験してみてください。

【受講者が当日用意するもの】
英語辞書(電子辞書でもよい)、自分のPCを使いパワーポイント資料を作成してもよい

成績評価の方法
成績評価は出席状況及び学習状況等を総合的に判断して行います。
クラス 教科書
K
授業当日にプリントを配付します。
定員 参考書
25名
その他(特記事項)
この科目は2009~2015年度「共通科目:外国語」、2008年度以前「共通科目:外国語」に該当します。

ページの先頭へ