放送大学面接授業|( 東京文京学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターの面接授業のご案内 > 東京文京学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2438933 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

専門科目:心理と教育 | アメリカ合衆国の高等教育

科目区分

/



2016年05月01日(日)第1時限 10:00~11:25
2016年05月01日(日)第2時限 11:40~13:05
2016年05月01日(日)第3時限 14:10~15:35
2016年05月01日(日)第4時限 15:50~17:15
2016年05月07日(土)第1時限 10:00~11:25
2016年05月07日(土)第2時限 11:40~13:05
2016年05月07日(土)第3時限 14:10~15:35
2016年05月07日(土)第4時限 15:50~17:15
専門科目:心理と教育
科目コード
2438933
開設学習センター
東京文京学習センター ( 13B )
ナンバリング
320
科目名
アメリカ合衆国の高等教育
担当講師 授業概要
野崎 与志子
(早稲田大学教授)

【授業内容】
アメリカ合衆国の高等教育の特徴について、国際(日米)比較及び社会研究のミクロとマクロの視点から理解します。合衆国の高等教育の拡大の歴史をふまえ、「研究大学」、「リベラルアーツカレッジ」、「コミュニティーカレッジ」の3つのタイプについて、基本的特徴及び社会的役割を理解します。また、教育を通して社会の平等を目指す政策等についての論点を学びます。学生が自らインターネットを通して、大学のウェッブページやデータベースなど、生きた英語の資料にアクセスし、能動的に知識を広げたり、深めたりする経験をもつこともめざします。国際交流の関係者やアメリカ留学に関心のある学生も歓迎します。

【授業テーマ】

  • 第1回 イントロダクション:日米比較・ミクロの視点
  • 第2回 高等教育を比較社会学的に分析する
  • 第3回 研究大学
  • 第4回 リベラルアーツカレッジ
  • 第5回 アメリカの高等教育の多様性:マクロの視点
  • 第6回 コミュニティーカレッジ
  • 第7回 ジェンダーと高等教育
  • 第8回 発表とまとめ

【学生へのメッセージ】
英語の文献をその場で読んだり、ウェッブの英文を読んだりする英語力が必要です。コンピュータ操作能力が必要です。授業は日本語で行います。英語を使って調べて個人プロジェクトをする課題があり、発表してもらいます。

【受講者が当日用意するもの】

成績評価の方法
出席状況、One-minute paper、ミニレポート(宿題)、発表
クラス 教科書
K
授業当日にプリントを配付します。
定員 参考書
24名
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「 専門科目:発達と教育 」に該当します。

ページの先頭へ