放送大学面接授業|( 東京文京学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターの面接授業のご案内 > 東京文京学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2438879 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

専門科目:生活と福祉 | 嗜癖(依存症)とケア

科目区分

/



2016年05月28日(土)第1時限 10:00~11:25
2016年05月28日(土)第2時限 11:40~13:05
2016年05月28日(土)第3時限 14:10~15:35
2016年05月28日(土)第4時限 15:50~17:15
2016年06月05日(日)第1時限 10:00~11:25
2016年06月05日(日)第2時限 11:40~13:05
2016年06月05日(日)第3時限 14:10~15:35
2016年06月05日(日)第4時限 15:50~17:15
専門科目:生活と福祉
科目コード
2438879
開設学習センター
東京文京学習センター ( 13B )
ナンバリング
320
科目名
嗜癖(依存症)とケア
担当講師 授業概要
松下 年子
(横浜市立大学医学研究科・医学部看護学科 教授)

【授業内容】
アディクション(嗜癖・依存症)にはニコチン、アルコール、薬物といった物質への依存と、ギャンブル、ショッピング、仕事など行為への依存、DVや児童・高齢者虐待、性依存、共依存など人への依存があります。現代はまさにアディクションの時代です。授業では専門職者や当事者、家族から講義いただくとともに、教科書の事例について学生間で意見交換をします。アディクションをいかに自身の問題として捉えられるかが課題です。

【授業テーマ】

  • 第1回 アディクション(嗜癖・依存症)とは
  • 第2回 アディクションの本質
  • 第3回 物質依存について
  • 第4回 プロセス依存について
  • 第5回 対人依存について
  • 第6回 アディクションからの回復
  • 第7回 セルフヘルプグループの有用性
  • 第8回 アディクションを抱えた人への支援の実際

【学生へのメッセージ】
講義とグループディスカッションが中心になりますので積極的な姿勢でご参加ください。

【受講者が当日用意するもの】

成績評価の方法
成績評価は出席状況及び学習状況等を総合的に判断して行います。
クラス 教科書
K ・事例から学ぶアディクション・ナーシング 依存症・虐待・摂食障害などがある人への看護ケア(松下年子・吉岡幸子・小倉邦子/中央法規/¥3,024/ISBN=9784805832363)
教科書は面接授業の初日に、著者割引の値段(2,500円)で配布します。
定員 参考書
78名 ・アディクション看護学(松下年子・日下修一/メヂカルフレンド社/¥3,780/ISBN=9784839214586)
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「 専門科目:生活と福祉 」に該当します。面接授業終了者で希望がある場合は、自主ゼミへの出席も可能です。

ページの先頭へ