放送大学面接授業|( 東京文京学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターの面接授業のご案内 > 東京文京学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2439018 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

専門科目:心理と教育 | 生涯発達の中のカウンセリング

科目区分

/



2016年06月18日(土)第1時限 10:00~11:25
2016年06月18日(土)第2時限 11:40~13:05
2016年06月25日(土)第1時限 10:00~11:25
2016年06月25日(土)第2時限 11:40~13:05
2016年07月02日(土)第1時限 10:00~11:25
2016年07月02日(土)第2時限 11:40~13:05
2016年07月09日(土)第1時限 10:00~11:25
2016年07月09日(土)第2時限 11:40~13:05
専門科目:心理と教育
科目コード
2439018
開設学習センター
東京文京学習センター ( 13B )
ナンバリング
320
科目名
生涯発達の中のカウンセリング
担当講師 授業概要
大川  一郎
(筑波大学教授)
藤生 英行
(筑波大学教授)
藤 桂
(筑波大学准教授)
大塚 泰正
(筑波大学准教授)

【授業内容】
本科目では、生まれてから死ぬまでの人の生涯を見据えた上でのカウンセリングの実践とその展開について学んでいきます。本科目は、筑波大学大学院生涯発達専攻カウンセリングコースの教員がオムニバス形式で、生涯発達的視点からそれぞれの専門分野でのカウンセリングにかかわるトピックをとりあげます。キーワードは、「生涯発達」「子ども」「親」「高齢者」「学校」「いじめ」「不登校」「情報化社会」「企業」「キャリア」と多岐にわたります。この講義を受けることによって、カウンセリングは生涯発達のいろいろな場面で広く、かつ、深く実践されているということがお分かりいただけると思います。

【授業テーマ】

  • 第1回 発達理解における生涯発達的視点(大川)
  • 第2回 発達理解における生涯発達的視点(大川)
  • 第3回 いじめの心理(藤生)
  • 第4回 いじめの心理(藤生)
  • 第5回 職場のメンタルヘルス(大塚)
  • 第6回 職場のメンタルヘルス(大塚)
  • 第7回 情報化社会を生きる子どもたち(藤)
  • 第8回 情報化社会を生きる子どもたち(藤)

【学生へのメッセージ】
本講義の中でカウンセリングに係わる様々な事例が紹介されます。本講義を通して、カウンセリングが生涯発達のいろいろな場面で広く、かつ、深く実践されているということを学んでもらえればと思います。積極的な授業への参加を期待しています。

【受講者が当日用意するもの】

成績評価の方法
成績評価は出席状況及び学習状況等を総合的に判断して行います。
クラス 教科書
K
授業当日にプリントを配付します。
定員 参考書
78名 ・生涯発達の中のカウンセリング1巻~4巻(大川一郎 ほか編/サイエンス社/¥0/ISBN=????)
各巻2400円~2800円(税抜)
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「 専門科目:発達と教育 」に該当します。

ページの先頭へ