放送大学面接授業|( 東京文京学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターの面接授業のご案内 > 東京文京学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2438259 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

基盤科目 | 学びの基盤力を高める2

科目区分

/



2016年07月16日(土)第1時限 10:00~11:25
2016年07月16日(土)第2時限 11:40~13:05
2016年07月16日(土)第3時限 14:10~15:35
2016年07月16日(土)第4時限 15:50~17:15
2016年07月17日(日)第1時限 10:00~11:25
2016年07月17日(日)第2時限 11:40~13:05
2016年07月17日(日)第3時限 14:10~15:35
2016年07月17日(日)第4時限 15:50~17:15
基盤科目
科目コード
2438259
開設学習センター
東京文京学習センター ( 13B )
ナンバリング
120
科目名
学びの基盤力を高める2
担当講師 授業概要
小倉 行雄
(放送大学客員教授 )

【授業内容】
この授業は、放送授業だけでは身につけるのが困難な「見る、聞く、読む、話す、書く」といった基礎的学習スキルを体得させるのが狙いです。そこでは討議などのグループワークと実習的な方法を用います。このため、受講はまったくの初心者でなく、基礎的内容の学び直しにより自己の力を伸ばそうとする人がお勧め対象になります。また、授業の1と2は、連続した内容ですので、継続受講が勧められます。

【授業テーマ】

  • 第1回 書く力を高めることと学び力の関係
  • 第2回 素材・材料の集め方と調べる方法を知る
  • 第3回 読みとりの力を高める
  • 第4回 要約の仕方
  • 第5回 構成の仕方
  • 第6回 わかりやすい文章の書き方
  • 第7回 他者レポートの見方、評価の仕方
  • 第8回 各グループからの成果発表、全体講評、まとめ

【学生へのメッセージ】
学びの基礎力を伸ばすことで、どれだけ物事を的確につかむことができるようになるか実感してほしい

【受講者が当日用意するもの】
事前送付する教材レジメ

成績評価の方法
成績評価は出席状況及び学習状況等を総合的に判断して行います。
クラス 教科書
K
教科書は使用しません。
定員 参考書
25名
その他(特記事項)
この科目は2009~2015年度「基礎科目」、2008年度以前「共通科目」に該当します。授業の一ヶ月前くらいに教材レジメを郵送する。

ページの先頭へ