放送大学面接授業|( 東京文京学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターの面接授業のご案内 > 東京文京学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2439263 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

専門科目:人間と文化 | 最小限の新プラトン主義

科目区分

/



2016年04月17日(日)第1時限 10:00~11:25
2016年04月17日(日)第2時限 11:40~13:05
2016年04月24日(日)第1時限 10:00~11:25
2016年04月24日(日)第2時限 11:40~13:05
2016年05月01日(日)第1時限 10:00~11:25
2016年05月01日(日)第2時限 11:40~13:05
2016年05月08日(日)第1時限 10:00~11:25
2016年05月08日(日)第2時限 11:40~13:05
専門科目:人間と文化
科目コード
2439263
開設学習センター
東京文京学習センター ( 13B )
ナンバリング
320
科目名
最小限の新プラトン主義
担当講師 授業概要
堀江 聡
(元ピサ大学客員教授)

【授業内容】
西洋思想の香りを嗅ぐのに最適な思想は、と人問わば、新プラトン主義を推すことができます。プラトン、アリストテレス、グノーシス、一神教、多神教を綜合し、美にも体系哲学にも神秘主義にも近しいからです。今回まずはイロハから始めて、新プラトン主義の本格的講義を行います。最高峰の一つプロティノスに登攀するために、麓から足馴らしをしていきましょう。

【授業テーマ】

  • 第1回 プラトニズムの本家のひとつプラトン
  • 第2回 プラトニズムの本家のひとつアリストテレス
  • 第3回 新プラトン主義の出発点いずこに
  • 第4回 プロティノスの生涯と東洋哲学との接点
  • 第5回 プロティノスの哲学の公理
  • 第6回 神秘主義哲学の誕生
  • 第7回 新プラトン主義の展開瞥見
  • 第8回 総括と補遺

【学生へのメッセージ】

【受講者が当日用意するもの】

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
K
教科書は使用しません。
定員 参考書
43名 ・新プラトン主義を学ぶ人のために(堀江聡・山口義久・水地宗明編著/世界思想社/¥2,916/ISBN=9784790716242)
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「 専門科目:人間の探究 」に該当します。

ページの先頭へ