放送大学面接授業|( 東京文京学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターの面接授業のご案内 > 東京文京学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2439590 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

専門科目:情報 | ビッグデータとデータマイニング

科目区分

/



2016年04月17日(日)第3時限 14:10~15:35
2016年04月17日(日)第4時限 15:50~17:15
2016年04月24日(日)第3時限 14:10~15:35
2016年04月24日(日)第4時限 15:50~17:15
2016年05月01日(日)第3時限 14:10~15:35
2016年05月01日(日)第4時限 15:50~17:15
2016年05月08日(日)第3時限 14:10~15:35
2016年05月08日(日)第4時限 15:50~17:15
専門科目:情報
科目コード
2439590
開設学習センター
東京文京学習センター ( 13B )
ナンバリング
320
科目名
ビッグデータとデータマイニング
担当講師 授業概要
中野 美由紀
(産業技術大学院大学・教授)

【授業内容】
ビッグデータの時代、大量のデータを適切に蓄積し、社会に有用なコンテンツを見つけ出すことが求められています。大量の様々なデータに潜む有用な知識発見の手段であるデータマイニングは、社会を支える情報基盤技術として必要不可欠な技術となっています。本授業ではビッグデータとは何か簡単に紹介すると共に、データベースの概要、基本的なデータマイニング技術について、その基礎理論や適用実例について学びます。

【授業テーマ】

  • 第1回 ビッグデータとは
  • 第2回 ビッグデータに必要な技術:データマイニング(探す)とデータベース(蓄える)
  • 第3回 データベースとは
  • 第4回 データマイニングとは
  • 第5回 データマイニング技術1:相関関係
  • 第6回 データマイニング技術2:決定木
  • 第7回 データマイニング技術3:クラスタリング
  • 第8回 データマイニングの応用事例

【学生へのメッセージ】
高校情報科目の知識を前提に、インターネット上でTwitter, Webを利用している受講生がWebで検索を行う、おすすめの広告をクリックするなどの背後にある技術がなにかを学び、実社会において様々な場面で遭遇するデータの管理、利用における基礎的なアプローチを身に着けることを主眼としています。

【受講者が当日用意するもの】

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、試験の評点により行います。
クラス 教科書
K
授業当日にプリントを配付します。
定員 参考書
43名 ・ビッグデータの正体 情報の産業革命が世界のすべてを変える ( ビクター・マイヤー=ショーンベルガー (著), ケネス・クキエ (著), & 1 その他 /講談社/¥1,944/ISBN=4062180618)
・Data Mining: Concepts and Techniques, Third Edition (The Morgan Kaufmann Series in Data Management Systems)(Jiawei Han, Michelin Kamber, Jian Pei/Morgan Kaufmann/¥8,935/ISBN=0123814790)
amazonで購入できます
・Fundamentals of Database Systems (7th Edition)( Ramez Elmasri, Shamkant B. Navathe/Pearson/¥25,164/ISBN=0133970779)
amazonで購入できます
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「 専門科目:産業と技術 」に該当します。

ページの先頭へ